Amazonクラウドが8周年。最初のサービスであるAmazon S3の発表から

2014年3月18日

いまからほぼ8年前、2006年3月14日にAmazon.comが同社初のクラウドサービスとしてAmazon S3を発表し、クラウドベンダーとしての第一歩を踏み出しました。同社チーフエバンジェリストのJeff Barr氏が、Amazon Web Services Blogに記事「Eight Years (And Counting) of Cloud Computing」をポストし、こんな書き出しで当時を振り返っています。

Amazon Web Services Blog: Eight Years (And Counting) of Cloud Computing

We launched Amazon S3 on March 14, 2006 with a press release and a simple blog post. We knew that the developer community was interested in and hungry for powerful, scalable, and useful web services and we were eager to see how they would respond.

私たちは2006年の3月14日に、Amazon S3をプレスリリースと簡潔なブログポストとともに開始した。デベロッパーコミュニティは、これに興味を示し、強力でスケーラブルで使いでのあるWebサービスを求めているだろうことは分かっていたし、彼らがどういう反応を示すのか、固唾を飲んで見守っていた。

クラウドというとAmazon EC2のような仮想マシンが注目されがちですが、Amazon.comが最初のクラウドサービスとして展開したのは分散オブジェクトストレージであるAmazon S3であったことは、記録されるべき大事なことでしょう。

昨年の6月に国立情報学研究所 佐藤一郎教授も講演で「分散データストレージがクラウドのコアになっています」と説明しています。Amazon S3はまさにこのコアに位置するものなわけです。そしていまだにAmazon S3のスケーラビリティやアベイラビリティは、ほかのクラウドベンダーとの比較においてAmazonクラウドの差別化要因の1つとなっています。

Amazonクラウドの歴史は、ほぼそのままクラウド業界の歴史だと言ってもいいでしょう。登場から8年、まだまだクラウドの進化は加速を続けています。Jeff Barr氏はブログの最後をこう締めくくっていました。

Stay tuned for the next eight years and you won't be disappointed!

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  AWS


次の記事
[速報]Java 8が正式公開。ラムダ式、新しい日時API、JavaFX8など。NetBeans 8.0も登場

前の記事
エンバカデロ、「CA ERWin」の買収を発表。データモデリング分野を強化へ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig