Google Cloud Storageに自動削除やリージョン設定など新機能を追加

2013年7月24日

Googleは、クラウドにデータを保存できるサービス「Google Cloud Storage」に新機能を追加したと発表しました

Cloud Platform Blog: New in Google Cloud Storage: auto-delete, regional buckets and faster uploads

新機能は、オブジェクトの自動削除などを実現するObject Lifecycle Management、オブジェクトを保存する地域を選択できるRegional Buckets、パラレルアップロードによる高速化が可能なGsutil version 3.34

オブジェクトの自動削除など

Object Lifecycle Managementでは、例えば1年経過したオブジェクトを自動削除したり、バージョン管理で3バージョンより古いものを自動削除するなど、オブジェクトのポリシーをあらかじめ設定することで、効率的にストレージを利用する機能。

Regional Bucketsは、オブジェクトを保存するBucketをどのデータセンターに置くか指定できる機能。米国内の6カ所のデータセンターを指定することで、Compute Engineからデータへアクセスする際にレイテンシを小さくできます。

Gsutil version 3.34では、大きなオブジェクトをアップロードする際に自動的にパラレル処理による高速化を実現してくれるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , ストレージ


次の記事
[速報]新Nexus 7をGoogleが発表。よりポータブルで高性能高精細、Android 4.3搭載

前の記事
インテル、サーバ/ストレージ/ネットワークを新しいアーキテクチャで再定義


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig