松尾芭蕉が名前の由来。分散型NoSQLデータベース「Riak」のBashoが日本法人設立

2012年9月28日

NoSQLデータベースを主力製品とする米国のソフトウェアベンダー「Basho Technologies」が日本法人「バショー・ジャパン」を設立、日本における展開を開始しました。日本語版のWebサイトも公開されています。

Basho | makers of the Riak distributed database

同社のNoSQLデータベース「Riak」は分散型キーバリューストア。クラウドに対応した高いスケーラビリティや、単一障害点がなく高い可用性が特徴。

Riakはオープンソースとして開発されており、マルチデータセンター機能などが追加されたEnterprise版と、RiakのテクノロジーをコアにしたAmazon S3互換の分散オブジェクトストレージの「Riak CS」などがあります。

fig

Riakはすでに米大手キャリアのAT&T、金融のシティコープ、小売りのベストバイなどの実績があると米Basho Technologies CEOのDon Rippert(ドン・リパート)氏。「ユーザーに共通するのは、ウルトラスケールでハイアベラビリティ、運用が容易で、そして低価格なソリューションを求めていること」(リパート氏)

同社の社名である「Basho」の由来をリパート氏に尋ねたところ、シンプルでビューティフルな俳句のことを知り、その有名人である松尾芭蕉にちなんだとのことでした。

fig 米Basho Technologies CEOのDon Rippert(ドン・リパート)氏

IDCフロンティアとYahoo! Japanが採用、サービス提供へ

Yahoo! Japan傘下のIDCフロンティアは、Riak CSを用いたAmazon S3互換のオブジェクトストレージを提供する予定で、10月30日からトライアル環境を提供開始。12月からはほぼ本番環境のβ版を提供する予定。またYahoo! JapanもNoSQLデータベースとしてRiakを検討中とのことです。

バショー・ジャパンの代表取締役社長に就任した高木修氏は、日本法人としては当面、IDCフロンティアやYahoo! Japanとのパートナーシップを通してサービス提供をするとしており、日本でパッケージソフトウェアとしてRiak EnterpriseやRiak CSの直接販売やサポートを開始する時期は未定とのこと。ただしオープンソースコミュニティとは積極的に連係していきたいとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : DBaaS , NoSQL



≫次の記事
Amazonクラウド、オンプレミスを超えたデータベース性能の向上機能「Provisioned IOPS for Amazon RDS」開始。パラメータでストレージ性能を設定
≪前の記事
「クラウドにこそ必要なSIがある」、地場の小規模SI案件などが増加。サイボウズが支援プログラムを発表

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus