クラウドAPIを共通化する「Deltacloud」バージョン1.0が正式公開

2012年8月2日

IaaS型クラウドに対するインスタンスの作成、起動、終了、リブートなどの操作は、当然ながらクラウドごとに独自のAPIが用意されています。The Apache Foundationがオープンソースとして開発する「Deltacloud」は、こうしたクラウドごとに異なるAPIをラップして共通化するためのソフトウェアです。

そのDeltacloudのバージョン1.0が正式に公開されました

fig

Deltacloudを利用することで、クラウドに対するAPIが共通化されるため、たとえクラウドを別のものに乗り換えても、アプリケーション側を変更することなくそのまま利用できるとの利点が説明されています。

12種類のクラウドに対応

Deltacloudはサーバ上でデーモンとして実行しておき、DeltacloudのREST API経由でクラウドに対してインスタンスの作成や起動といった操作を行うと、それが各クラウドのネイティブAPIへと置き換えられ、実際の操作が行われるようになっています。

またjQuery Mobileで作られたHTMLインターフェイスも備えており、タブレットなどのモバイルデバイスからも操作可能とのことです。

現時点で対応しているクラウドの一覧ページのキャプチャを以下に掲載します。全部で12種類あるようです。

fig

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Deltacloud , クラウド



≫次の記事
連載マンガ Mr. Admin:仕事もデフラグしないとね
≪前の記事
クラウド事故の損害保険「クラウドプロテクター」、BIGLOBEクラウドホスティングが保険対象に認定。ベンダのバックアップ実行の不備も補償

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus