グーグルに続き、セールスフォースもIE6サポート終了をほのめかす

2010年2月15日

グーグルがGoogle DocsとGoogle Siteについて、Internet Explorer 6のサポートを3月に終了すると発表し、GMailに関しても年内でIE6のサポートを終了すると報道されています。

Salesforce and Internet Explorer 6, Part II on Blogs - salesforce.com

そのグーグルに続いて、Salesoforce.comもInternet Explorer 6のサポート終了をほのめかすエントリ「 Salesforce and Internet Explorer 6, Part II」を1月末にブログにポストしています。

Internet Explorer 6は企業内で使われている率が高いため、業務アプリケーションであるSalesforce.comがサポートを終了するのは1つの転機となるかもしれません。

ただしSalesforce.comではまだ終了時期については明確にしていません。しかしInternet Explorer 6はサポート対象のWebブラウザとしてはもっとも悪いユーザー体験を提供するものとして、Firefox 3.0、Safari 3.0、Chrome 1.0、あるいはInternet Explorer 7などへ移行するように強く勧めています。

IE6 provides the worst user experience for our users on all of these fronts.

現在のところInternet Explorer 6はSalesforce.comによって正式にサポートされるWebブラウザであり、同社は今年中はサポートを続けると明記しており、さらにサポートが終了する前には前もって十分な告知期間を準備するとも書いています。

ちなみに、マイクロソフトが今年リリースを計画しているWebブラウザから利用可能なOffice Web Appsでの対応ブラウザをInternet Explorer 7以上としています

先月、Internet Explorer 6はグーグルに対する攻撃のために脆弱性が利用されるなど、使い続ける企業にとってリスクの高いソフトウェアとなってきています。さまざまなサービスでのサポート終了とセキュリティ問題、そしてWindows 7の登場などにより、1年以内には多くの企業がInternet Explorer 6の利用を止めるのではないかと、希望的観測も含めて予想しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : SaaS , Webブラウザ



≫次の記事
Twitterのクジラ解剖学、あるいは彼らがいかにサーバの処理能力を向上させたか
≪前の記事
米国のIT業界はほんの少し昇給、日本の転職市場は全体的には低調

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus