スタートアップに人気のホスティングサービスはSoftLayer、Amazon、Slicehost

2009年8月11日

米国でスタートアップのインキュベータとして知られるY Combinator。同社が支援するスタートアップ企業67社が、どのホスティングサービスあるいはクラウドを利用しているのか? という興味深い資料が公表されていると、Data Center Knowledgeの記事「Where 'Ramen Profitable' Startups Host」が伝えています。

公開されている資料によると、Webサイトのホスティングに関しては67社中14社がSoftLayer、13社がAmazon Web Services、12社がSlicehostを利用しているとのこと。

また、メールのホスティング先としては、42社がグーグルを利用するという結果になっています。

スタートアップ企業は、コストが安くそれでいてサービスが成功したときには容易にスケールできることを想定してホスティング先やクラウドを選ぶもの。日本の企業がホスティング先を選ぶ際にも参考になるかもしれません。また、メールのホスティング先として自社運用よりも圧倒的にグーグルが選択されているのは非常に興味深いところですね。

ちなみにこのPublickeyのホスト先はさくらインターネットです。評判と値段で選びました。

関連記事 on Publickey

参考記事 on the web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IT業界動向 , クラウド , データセンター



≫次の記事
VMwareによるSpringSourceの買収で、Javaがクラウド対応へ進化する
≪前の記事
IEチームがHTML5の議論に参入! 「タグの選び方が恣意的ではないか?」などの意見

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus