Publickey Mobile Edition β

Windows / Linux / OSの記事一覧

[速報]Oracle Autonomous Linuxリリース。ダウンタイムなしで自律的にパッチ適用、チューニング実行、RHELと100%互換など。Oracle OpenWorld 2019

マイクロソフト、WSL 2に最適化した同社版LinuxカーネルのソースコードをGitHubで公開

WindowsにLinuxカーネルを組み込んだ「WSL 2」、はやくもWindows 10 Insiderプレビュー版で利用可能に

[速報]Windows上でフル互換のLinuxシステムコールを実現する「WSL 2」発表、Dockerも実行可能に。Microsoft Build 2019

[速報]WindowsにLinuxカーネルをバンドルへ、Windows Subsystem for Linuxに最適化。Microsoft Build 2019

マイクロソフト、リアルタイムOS大手の「Express Logic」を買収。IoTデバイス用のOSとして展開へ

Windows 10からWSL上のLinuxファイルへ読み書き可能に、4月に予定のアップデートで

「Linux 5.0」リリース候補版が登場。「バージョン番号の変更がなにか特別な変更を示しているわけではない」とトーバルズ氏

「GNU Bash 5.0」リリース、10年ぶりのメジャーバージョンアップ

マイクロソフト、Windows Sandbox発表。デスクトップアプリを分離した環境で安全に実行可能に

「Windows Server 2019」正式版がついにリリース。ハイブリッドクラウドやコンテナ機能など強化

[速報]Windows Server 2019は今週、正式リリースに。ハイブリッドクラウドの機能やハイパーコンバージドシステム構築機能など搭載。Microsoft Ignite 2018

2017年の国内サーバOS市場、Windows Serverが52%、Linuxが24.8%。クラウドによりLinuxが高成長を維持。IDC Japan

SUSEがマイクロフォーカスから投資会社のEQTに売却へ。しかし今後もopenSUSEへのコミットメントは変わらないとCEOがコミュニティに保証

マイクロソフト、仮想マシン上のUbuntuへWindowsからコピー&ペースト、Ubuntuからローカルドライブへのアクセスなど可能に

Windows 10、次期アップデートでLinuxのdaemonもサポートする見通し、Windows Subsystem for Linuxで対応

インテルx86マシンの奥深くでは人知れず「MINIX 3」が動作しており、脆弱性を作り出している。Googleらはそれを排除しようとしている

「Bash on Windows」という名称は非推奨に。正式名称「Windows Subsystem for Linux」(WSL)としてベータを卒業、正式リリースに

米オラクルがSolaris関連の従業員をほぼ全員レイオフしたとの報道(追記あり)

Bash on Windows/Windows Subsystem for Linuxがベータ版を卒業、正式版に。今秋のWindows 10 Fall Creators Updateで

[速報]「Microsoft 365」発表。Office 365+Windows 10+セキュリティ機能を月額課金で1ユーザー20ドルから。大企業向けと中小企業向けに提供

IBM、DB2を「Db2」にリブランド。開発者向け「Db2 Developer Community Edition」も無償公開。MacOS版も用意

MongoDB、データベース内のデータをマウス操作で簡単にグラフ化できる「MongoDB Charts」発表。MongoDB World 2017

MongoDBベースのモバイルBaaS「MongoDB Stitch」ベータ公開。JavaScript/iOS/Android対応。MongoDB World 2017

Windows Server、今後は年2回の新機能アップデート、Windows 10と同様3月と9月に。ただし数年ごとのメジャーバージョンアップも継続

インメモリデータベースのMemSQL、マネージドサービスをAWSとAzure、Google Cloudで提供すると発表。リアルタイム検索可能なデータウェアハウス実現

Node.js 8.0が公開。npm 5.0バンドル、Node.js API搭載、WHATWG URLパーサーを正式サポートなど

マイクロソフト、ARM版Windows 10のデモ動画を公開。x86エミュレーションレイヤで既存のWindowsアプリも動的変換し実行。UWPアプリならARMネイティブに

マイクロソフトは「Windows Subsystem for Linux」を強化し、Windowsを「WindowsとLinuxのどちらのバイナリも開発、実行できるプラットフォーム」にするつもりだ

Windows Serverにも「Bash on Windows」搭載へ。Windows Serverも仮想マシンを使わずにLinuxバイナリが実行可能に。Build 2017

[速報]Bash on WindowsがUbuntuに加えFedora、openSUSEにも対応。Windows Storeから簡単に導入可能に。Build 2017

Bash on Windowsが強化、Linux版のJavaやGo、PostgreSQLなどもWindowsで実行可能に。3月リリースのWindows 10 Creators Updateで

オラクル、今後のSolarisはメジャーバージョンアップせず。継続的デリバリで頻繁にリリースする新方針を表明。Solaris 11のサポート期間は2034年まで延長

オラクルがSPARC/Solarisのロードマップをひっそりとアップデート。今年、SPARC nextとSolaris 11.nextが登場か

[速報]マイクロソフト、Windows Server 2016正式版を公開。Microsoft Ignite 2016

マイクロソフト、Windows 10を月額7ドルで提供開始。企業向けに「Windows 10 Enterprise E3」をパートナー経由で

Fedora 25ではRust言語のコンパイラなどが標準コンポーネントとして含まれることに。理由は、デベロッパーにもっとも愛されている言語だから

マイクロソフト、Windows 10を月額7ドルで提供すると発表。Officeに続きWindowsもパッケージビジネスから一歩脱却。企業向け新サブスクリプション

マイクロソフト、「Windows Server 2016」を9月26日開催のイベント「Ignite」でローンチすると発表。コンテナに最適化したNano Serverも登場

FreeBSDにHyper-VとAzureが正式対応。マイクロソフト製FreeBSDも提供開始

マイクロソフトのテクノロジーはどこへ向っているのか。Visual StudioのGit強化、Windowsのコンテナ対応、そしてBotフレームワークや拡張現実のHoloLens登場 [PR]

Windows 10でもWindows Serverと同様のコンテナが利用可能に。Hyper-V ContainersがWindows 10に搭載予定と発表

[速報]マイクロソフト、BashシェルをWindowsに搭載。Emacs、VT100などサポート。Build 2016

今年登場する新プロセッサ、インテル“Kaby Lake”とAMDの“Bristol Ridge”はWindows 10のみをサポート。マイクロソフトが説明

Windowsはタブレット市場で最も成長するOS、Androidは市場シェア減少に。Strategy Analyticsの予想

Windows 10にメモリ圧縮機能が追加、メモリ不足時の動作が高速に。新しいBuild 10525で

オラクル、SolarisにDockerを統合すると発表。WebLogicもDocker対応へ

[速報」Windows 10対応の新サービス「Windows Update for Business」発表。Ignite 2015

マイクロソフト、Windows Serverをコンテナ向けに徹底軽量化した「Nano Server」を発表。サイズを10分の1以下に

Linux 4.0のリリース候補版が登場。3.20か4.0かを選ぶ投票の結果を受け、Linus Torvalds氏がバージョン4で行くと

Red Hat Enterprise Virtualization 3.5リリース。ベアメタルのプロビジョニングもサポート、OpenStackとの統合も

[速報]Windows 10は「Windows as a Service」となる。デバイスの寿命までアップデートが提供され続ける

[速報]Windows 10リリース後1年は、Windows 7、Windows 8.1から無償アップグレード可能に

Fedora 21正式版リリース。クラウド用の「Fedora 21 Cloud」、Dockerに最適化された「Fedora Atomic Host」も登場

Ubuntu、クラウドに最適化した軽量版「Ubuntu Core」発表。Docker以外のコンテナにも幅広く対応

次期Windows Serverの新機能、ローリングアップデート、SDN対応、レプリケーション強化など

タネンバウム教授「認めよう、私が間違っていた」

MINIX 3.3がリリース。1万2700行ほどのマイクロカーネル、ARMサポートとクロスコンパイラなど対応

RHEL互換の「CentOS 7」公開。インストール不要で起動するDockerイメージやクラウド用イメージでの提供も予定

Red Hat Enterprise Linux 7がリリース。Dockerサポート、カーネル3.10、MariaDB 5.5、XFSデフォルトなど

オラクルがSolaris 11にOpenStackを統合、x86サーバ用独自ディストリビューションも公開。OpenStackを本格展開へ

[速報]9インチ以下の画面サイズのタブレット、スマートフォンではWindowsが無料に。Build 2014

[速報]マウスとキーボード操作を強化した「Windows 8.1 Update」、Windows 8/8.1ユーザー向けに4月8日から無料配布開始。Build 2014

マイクロソフト、「MS-DOS」と「Word for Windows」のソースコード公開。コンピュータ歴史博物館への寄贈で

CentOSがRed Hatとの共同開発体制を発表。引き続きRed Hatからは独立しつつ、開発支援などを受け入れ

Red Hat Enterprise Linux 7のβ版公開。コンテナ型仮想化搭載、標準データベースはMariaDBへ

[速報]Windows 8.1プレビュー版公開、デスクトップとモダンUIがよりシームレスに。Build 2013(Day1)

Windows 8の認定要件が、1366x768から1024x768へ緩和。6月のBUILDカンファレンスで7インチタブレット登場の前兆か

高速化したAndroid 4.1、タブレットのNexus 7、そして家庭用新デバイスNexus Qが登場。Google I/O 2012

「Windows Phone 8」はWindows 8とOSコアを共通化、IE10も共通化、ネイティブAPIも共通化し、コードの移植もスーパーイージー

またChromeがOSに一歩近づく。Chrome Web Storeにオフラインアプリ専用のコーナーが登場

[速報]Windows 8の次期プレビュー版が6月にリリース。Windows Developer Days基調講演

マイクロソフト、NTFSの後継となるReFSについて説明。Windows Server 8に搭載予定

Windows 8には仮想ストレージ機能が搭載、これは便利そう

タネンバウム教授、MINIXの失敗とLinux普及の理由を語る

マイクロソフト、Windows Server 8を披露。「Windows Azureから学んだ技術を投入」し、クラウドに最適化したOSに。BUILD 2011

マイクロソフトとインテル、重なった基調講演で語られなかったこと

インテル、グーグルと提携。IAベースのAndroidを2012年前半に出荷。IDF2011

インテル、2013年の「Haswell」で丸1日充電不要のノートPCを実現へ。IDF2011

[速報]Windows 7より軽くなったWindows 8、タッチUIなど詳細をマイクロソフトが初披露。BUILD 2011

カテゴリ

クラウド
Docker / コンテナ / 仮想化
開発ツール / 言語 / プログラミング
DevOps / アジャイル開発
運用ツール / システム運用
Web技術 / JavaScript
Windows / Linux / OS
サーバ / ストレージ / ネットワーク
RDB / NoSQL / ミドルウェア
機械学習 / AI / ビッグデータ
業務アプリケーション / Office
働き方 / 給与 / 学び
業界動向 / IoT / その他
編集後記 / おもしろ
殿堂入り / オススメ

バックナンバー











PC版の画面へ