Publickey Smart Edition β3

Visual Studio 2019、4月2日に正式リリースへ。AIによるコーディング支援、GitHub統合など

2019年2月22日


マイクロソフトは、現在プレビュー公開中の統合開発ツール「Visual Studio 2019」のローンチイベントを4月2日に行うことを明らかにしました

米国の太平洋標準時で4月2日午前9時(日本時間4月3日午前1時)から、イベントの様子がインターネットで中継される予定。

fig

Visual Studio 2019では、現在はVisual Studioの拡張機能としてプレビュー版が公開されている、GitHubで公開されたコードをもとに機械学習を行ったAIがコーディングを支援する「IntelliCode」機能が搭載予定。

Visual Studioをネットワーク接続し、リモートでペアプログラミングによるコードの編集、ブレークポイントの設定やデバッグ操作などを行える「Live Share」機能も搭載

さらにGitHubとの統合を強化し、起動後のスタートウィンドウの右上にはGitHubからコードをクローンして開発をスタートできるボタンが配置されています。

fig2

現在Visual Studio 2019はプレビュー3が公開されています



≫次の記事
Kubernetesの基本から運用まで解説したO'Reillyの書籍「Cloud Native DevOps With Kubernetes」PDF版、NGINXが無料配布中
≪前の記事
Google、「Cloud Services Platform」ベータ公開。オンプレミス環境の「GKE On-Prem」も展開し、ハイブリッドクラウド戦略を前進


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。