Publickey Smart Edition β3

Kubernetesクラスタ間をレイヤ3トンネリングで接続、異なるクラスタ内のノード間通信を容易にする「Submariner」、Rancher Labsがオープンソースで公開

2019年3月20日


Rancher Labsは、Kubernetesクラスタをネットワーク接続する「Submariner」をオープンソースで公開しました

Submariner fig1

Kubernetesは基本的に、Kubernetesクラスタ内のノード間では柔軟に通信を行えますが、Kubernetesクラスタを超えてノード間で通信を行うのは容易ではありません。

Submarinerはこの課題を解決し、異なるKubernetesクラスタ内にあるノード間であっても、まるで同一のクラスタ内にあるように通信できるようにするというものです。

これによって、異なるKubernetesクラスタにあるデータベース同士でのレプリケーションや、エッジにあるKubernetesクラスタのアプリケーションから中央データセンターのKubernetesクラスタにあるデータベースへの接続、Kubernetesクラスタをまたいだサービスメッシュの構築などが容易になります。

IPsecによるL3トンネリングでKubernetesクラスタ間を接続

SubmarinerをインストールしたKubernetesクラスタにはゲートウェイノードが設定されます。ゲートウェイ同士がIPsecによってコネクションを張り、クラスタ間のレイヤ3トンネリングとルーティングを実現します。

fig

Submarinerには次のような特徴があると説明されています。

今後Kubernetesクラスタはさまざまなクラウドやオンプレミスでコンテナの実行基盤として採用されていくことになると見られています。そのとき、クラウド間通信やクラウドとオンプレミスの間での通信ニーズは非常に高いはずです。Submarinerのようなクラスタ間通信のメカニズムは非常に重宝されるのではないでしょうか。



≫次の記事
Java 12正式版がリリース、大きな変更などはなし。新ガベージコレクタの実験的導入、Switch文の拡張がプレビューなど
≪前の記事
スタートアップやIoT、5Gなどを含むテクノロジーのエコシステムを構築する場へと変化する「COMPUTEX TAIPEI 2019」[PR]


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。