Publickey Smart Edition β3

[速報]Google、本日から大阪GCPリージョン正式運用開始を発表。東京に続いて国内2カ所目。日本語による24時間365日のサポートも開始

2019年5月14日


Googleは、本日より大阪GCPリージョンの正式運用を開始したと発表しました。2016年11月に同社として初の国内リージョンである東京GCPリージョンの開設に続いて、国内で2カ所目、アジアでは7カ所目のリージョンとなります。

fig Google Cloud CEOのトーマス・キュリアン氏が来日して大阪GCPリージョンの運用開始を発表した
fig 大阪GCPリージョンにも3つのゾーンが用意されると説明するGoogle Cloud日本代表 阿部伸一氏

「日本のお客様、そして日本にお客様を持つ海外のお客様のために大阪にリージョンを作った」と、Google Cloud日本代表 阿部伸一氏。

Google Cloud CEOのトーマス・キュリアン氏は、大阪GCPリージョンは東京GCPリージョンとほぼ同じもので、東京GCPリージョンと合わせると国内のキャパシティは2倍以上になると説明。阿部氏は大阪GCPリージョンの機能について「東京とほぼおなじ、フルラインナップに近い形でサービスを開始します」としました。

fig

大阪GCPリージョの運用開始により、日本の拠点内で地域も含めた冗長化をはかれるとともに、レイテンシの面では、大阪の顧客は東京GCPリージョンに比べて6ミリ秒ほどレイテンシも向上するとのこと。

また、Google Cloud Platformについて24時間365日の日本語によるサポートの開始もあわせて発表されました。

大阪GCPリージョンが2019年に開設することは、2018年2月に発表されていました。今回、これが実現されたことになります。



≫次の記事
自由に再配布可能なRed Hat Enterprise Linux 8ベースのコンテナ用OSイメージ「Red Hat Universal Base Image」が公開
≪前の記事
Fastly CTOに聞く、同社がWebAssembly実行環境の「Lucet」をエッジコンピューティング環境として開発している理由とは?


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。