Publickey Smart Edition β3

GitHub、無料ユーザーもプライベートリポジトリを無制限に作成可能に

2019年1月 8日


GitHubのCEO Nat Friedman氏は7日、GitHubのブログに投稿した記事で、これまで有償だった無制限のプライベートリポジトリの作成が、GitHubの無料ユーザーでも可能になったことを発表しました

GitHub Free now includes unlimited private repositories. For the first time, developers can use GitHub for their private projects with up to three collaborators per repository for free.

GitHub Freeでプライベートリポジトリが無制限に作成可能になりました。今回初めて、デベロッパーは無料でリポジトリ当たり最大3人までの協力者を持つプライベートプロジェクトが設定可能です。

fig

パブリックリポジトリについてはこれまでと同様に無制限に作成でき、協力者数にも制限はありません。

またこれにあわせて、個人向けのサービスは無料の「GitHub Free」と有償の「GitHub Pro」へと名称が変更されました。

GitHubは昨年6月にマイクロソフトに買収され、10月に買収手続きが完了すると同時にマイクロソフトのNat Friedman氏が新CEOに就任しました。今回の発表はマイクロソフト買収後のGitHubにとってもっとも大きな発表といえ、一部にあったマイクロソフト買収後のネガティブなイメージを払拭する助けになりそうです。



≫次の記事
ClouderaとHortonworksが合併を完了。現在の製品は少なくとも3年のサポートを提供
≪前の記事
ARMベースで64コア搭載のサーバ向け独自プロセッサ「Kunpeng 920」、ファーウェイが発表。HPE、AWSなどARMサーバの投入が相次ぐ


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。