Publickey Smart Edition β3

AWSが「CloudEndure」を買収。マルチクラウド対応のライブマイグレーションツール

2019年1月15日


オンプレミスのシステムをAWSやAzureなどのパブリッククラウドへ移行するツールを提供している「CloudEndure」が、Amazon Web Services(以下AWS)に買収されたことを発表しました。

CloudEndureは2012年に創業された新興ベンダ。オンプレミスからクラウドへのマイグレーション、あるいはクラウド間のシステム移行、バックアップ、ディザスタリカバリーなどを実現するツールを提供しています。

最大の特徴は、レプリケーションと差分情報を用いることでライブマイグレーションのようにダウンタイムを限りなく小さくしながら移行やバックアップを実現しているところにあります。

Windows Severや主要なLinuxのOSに対応し、またAWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、VMwareの各プラットフォームに対応。国内でも知名度のあるツールです。

AWSにとってCloudEndureの買収は、これまで比較的手薄だったオンプレミスからのマイグレーションツールの強化であることは明らかです。

プレスリリースなど買収に関する詳細な情報は発表されていませんので、CloudEndureの今後の組織体制や製品ロードマップがどうなるかは明らかになっていません。AWSに買収されたことで、今後AWS以外のパブリッククラウドへの対応がどうなるかが注目されます。



≫次の記事
Redis、MongoDB、Kafkaらが相次いで商用サービスを制限するライセンス変更。AWSなどクラウドベンダによる「オープンソースのいいとこ取り」に反発
≪前の記事
AWS Lambda互換環境をKubernetes上で実現する「Knative Lambda Runtime」オープンソースで公開


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。