Publickey Smart Edition β3

Google Cloud、最大メモリ4TB/160vCPUの大型マシンタイプ「n1-ultramem」提供を発表

2018年5月17日


Googleは、Google Compute Engineでメモリに最適化された新しい仮想マシンのタイプ「n1-ultramem」ファミリーの提供を発表しました

n1-ultramemファミリーは4基のXeon E7-8880 v4(Broadwell)プロセッサとDDR4メモリを搭載。最大160vCPU、4TBメモリのサイズを含む、下記の3種類から選択できます。

このマシンタイプを発表したGoogleのブログ「Google Cloud Platform Blog: Introducing ultramem Google Compute Engine machine types」では、次のような用途に適していると説明されています。

Memory-optimized machine types are well suited for enterprise workloads that require substantial vCPU and system memory, such as data analytics, enterprise resource planning, genomics, and in-memory databases. They are also ideal for many resource-hungry HPC applications.

メモリに最適化されたマシンタイプは、データ分析、ERP、ゲノミクス、インメモリデータベースなど、大規模なvCPUとシステムメモリを必要とするエンタープライズワークロードに適しています。多くのリソースを必要とするHPCアプリケーションにも最適です。

Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureでは、大容量メモリを搭載したインスタンスがすでに提供されています。AWSでは最大で3.9TB/128vCPUのX1eインスタンスが、Azureでは3.8TB/128vCPUのStandard_M128msタイプがあります。

Googleは先行するクラウドとのギャップを埋めに来た、というところでしょう。



≫次の記事
構成ファイルの通りにインフラは立ち上がったのか? インフラ自動テストツール「Terratest」がオープンソースで公開
≪前の記事
Twitter、数万台のHadoopクラスタとコールドストレージをGoogle Cloud Platformへ移行すると発表


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。