Publickey Smart Edition β3

TypeScriptが標準言語になっても、Dartのことは忘れてませんよとGoogle担当者がフォロー

2017年4月12日


GoogleのBrad Green氏が、先週行われたAngularのイベント「ng-conf 2017」で、TypeScriptが社内標準言語になったことを発表したことは、先日の記事「Google社内の標準言語としてTypeScriptが承認される。ng-conf 2017」で紹介しました。

fig

この発表の反響は大きかったらしく、特にBrad Green氏のもとにはDartはどうなったのか、という質問が多数寄せられたとのことです(Publickeyの記事のブックマークでも同じようにDartへの言及が多数ありました

Dartは、「JavaScriptは単なる言語の進化では修正できない根本的な問題を抱えている」という問題意識をベースにGoogleが2011年に発表した言語で、JavaScriptよりも優れたWeb用言語として普及させようとしていました。

2013年にはECMAが標準化を開始するなどの動きがありましたが、当初の目論見ほど普及は進まず、2015年にはChromeへのDartVM統合を断念。もっぱらJavaScriptをターゲットとして生成することに注力することになりました。

Googleが開発したそのDartを差し置いて、マイクロソフトが主導して開発された言語であるTypeScriptが社内標準言語となったと発表されたわけですから、Dartの動向を気にしていた人たちから「Dartはどうなったのか?」という質問が寄せられるのは当然とも言えます。

DartはGoogle社内で活発に使われてきた

Brad Green氏は、4月10日付のAngularブログに投降した記事「Official languages at Google」で、次のように書いています。

We would like to clarify that both Dart and Typescript are in the same category. They both are allowed to be used for client side development. They are, however, not in the same category as more established languages like Javascript/Closure and Java — those have both more lines of code and more tooling.

DartとTypeScriptは同じカテゴリに入っていることをはっきりさせておこう。どちらもクライアントサイドの開発で使う言語として許可されている。そして、JavaScript/ClosureやJavaといった伝統的な言語~どちらも多くのコードの実績とツールを備えている~とは別のカテゴリでもある。

DartとTypeScriptが同じカテゴリに入っている、という説明が具体的にDartが標準言語として同じ扱いを受けているという意味なのか、それとも似たような言語であるということを単に言っているのかは分かりませんが、少なくともDartは忘れられているわけではないことを伝えようとしているようです。

それを補強するように、Google社内ではDartが活発に使われていると、次のように文章は続いています。

Dart has been used for unrestricted client development at Google now for 4+ years. Dart and AngularDart are used by large products such as AdWords, AdSense and Shopping, and by critical internal tools such as Google CRM.

Dartは過去4年以上にわたり、Googleにおいて制限されることなくクライアント開発に使われてきた。DartとAngularDartはAdWords、AdSense、Shoppingなどの大規模プロダクトや、Google CRMのような重要な内部ツールにも使われきた。

DartがGoogleの中で重要な言語であったことは伝わってきますが、心配の本質は「Dartの今後はどうなるのか?」のはずで、残念ながらそのことについてBrad氏は書いていません(Brad氏はDartの担当ではないようなので、そもそもこれ以上のことは書けなかったのかもしれません)。

DartでiOSとAndroidアプリを開発できるようにする

毎年、Dartをテーマにしたイベント「Dart Dev Summit」が行われており、昨年2016年10月にはドイツのミュンヘンで「Dart Dev Summit 2016」が開催されました。

基調講演では、iOSとAndroidに対応したモバイルアプリケーションをDartのシングルコードベースで開発できるようにする、という発表が行われています。

fig

Dartはオープンソースで開発されています。そのコミュニティはまだ健在であり今後も言語として発展していくことがここで示されていました。



≫次の記事
「Azure Container Registry」正式サービスに。マルチOS対応によりWindowsとLinuxのイメージを同一名で保存可能、取得OSに合わせて自動提供
≪前の記事
Pivotal Cloud Foundry 1.10がリリース。.NETアプリケーションをフルサポートし、LinuxとWindowsを統一してカバーできるPaaSに


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。