Publickey Smart Edition β3

タスク管理ツール「Trello」、アトラシアンによる買収に合意。TrelloはJIRAやConfluenceと統合へ向かう

2017年1月10日


開発ツールやコラボレーションツールを提供しているアトラシアンは、タスク管理ツールベンダの「Trello」の買収について同社と合意したと発表しました

Trelloは、カンバン方式をベースにしたタスク管理ツールをサービスとして提供するベンダ。同名のサービスである「Trello」は、シンプルで分りやすく、チームにおけるタスク管理やプロジェクト管理、ワークフローなどが実現できるサービスとして注目されていました。

fig Trelloの画面例

アトラシアンはTrelloを、同社の製品であるJIRAとConfluenceのギャップを埋める製品であると位置づけており、買収後にTrelloを同社の製品群に加え、将来はJIRAやConfluenceと統合していくと説明しています。

JIRA tools excel at work that benefits from a well-defined, traceable, and repeatable process, whilst Confluence is great for teams creating and collaborating on documents and rich content.

JIRAは、きちんと定義され、トレーサブルで、なんども繰り返されるプロセスを持つ業務に向いており、一方のConfluenceはドキュメントやリッチコンテンツを基に協力し、創作するようなチームに向いています。

Trello perfectly fills a gap between the structured workflows of JIRA and the free-form collaboration of Confluence and will give teams the option to find the right Atlassian tool for the type of work they need to complete. Keep an eye out for integrations between these products in the near future.

Trelloは、JIRAによる定型化されたワークフローと、Confluenceの自由な形式のコラボレーションのあいだにあるギャップを完璧に埋めるものであり、業務を完遂しようというチームに対して、アトラシアンが提供するツールの適切な選択肢を提供することになります。近い将来におけるこれらの製品の統合に、ぜひご注目ください。
(「Atlassian + Trello: changing the way teams work | Atlassian Blogs」から)

Trelloはアトラシアンのサービスの一部になっていく一方、いまのところ引き続き単独のサービスとしてのTrelloは提供され続け、開発も続けられるとのことです。



≫次の記事
「クラウドが多数のITマーケットセグメントを支配し始めた年」が2016年だと、Synergy Research Group
≪前の記事
Amazon AI発表/ムーアの法則が成立しなくなると/Linux OSからFPGAを透過的に利用ほか、2016年12月の人気記事


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。