Publickey Smart Edition β3

Pivotal Cloud Foundry 1.10がリリース。.NETアプリケーションをフルサポートし、LinuxとWindowsを統一してカバーできるPaaSに

2017年4月11日


オープンソースで開発されているPaaS基盤ソフトウェアの「Cloud Foundry」の商用版である「Pivotal Cloud Foundry」の最新バージョン「Pivotal Cloud Foundry 1.10」がPivotalからリリースされました

Always Be Shipping with Pivotal Cloud Foundry 1.10: Go Fast, Go Secure, and Go .NET!

Pivotal Cloud FoundryはJavaや.NET、Ruby、PHP、Node.jsなどさまざまな言語に対応し、さらにDockerコンテナにも対応。アプリケーションの実行と運用のプラットフォームとして、フェイルオーバーやスケールアウト、スケールインなどの機能を提供します。

対応OSとしてLinuxだけでなくWindows Serverにも対応。

分離セグメントを設定可能に

Pivotal Cloud Foundry 1.10の主な新機能として、アプリケーションごとにホストVMを分離することで、ワークロードを特定のハードウェアに割り付けたり、アプリケーションごとに安全に分離するといった機能を実現する「Isolation Segments」。また、「Container-to-Container Networking」(ベータ)では、コンテナ間のネットワークを設定できるようになりコンテナ間のネットワーク構成の最適化やネットワーク構成の柔軟性の向上が期待できます。

.NETアプリケーションをフルサポート

また、Windows Server上では、オープンソースの.NETフレームワークである.NET Coreだけでなく、マイクロソフトが提供するフル機能の.NET Frameworkもサポート。従来の.NETアプリケーションがPivotal Cloud Foundryで実行可能になりました。

これによって本当の意味でPivotal Cloud FoundryはLinuxとWindowsの両方のプラットフォームとそのアプリケーションをカバーできる統合的なPaaS基盤ソフトウェアになったのだといえるでしょう。



≫次の記事
TypeScriptが標準言語になっても、Dartのことは忘れてませんよとGoogle担当者がフォロー
≪前の記事
Google社内の標準言語としてTypeScriptが承認される。ng-conf 2017


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。