Publickey Smart Edition β3

Google、マネージドサービスでPostgreSQLを提供する「Cloud SQL for PostgreSQL」ベータ提供を発表

2017年3月14日


Googleは、マネージドサービスとしてデータベースサービスを提供する「Cloud SQL」の新サービス「Cloud SQL for PostgreSQL」をベータ版として提供開始すると発表しました

Google Cloud Platform Blog: Google Cloud Platform bolsters support for relational databases

Cloud SQLはこれまで、MySQLのマネージドデータベースサービスとして提供されてきており、そこにPostgreSQLが加わる形になります。PostgreSQLになっても設計の原則は変わらないと。

Cloud SQL for PostgreSQL implements the same design principles currently reflected in Cloud SQL for MySQL: namely, the ability to securely store and connect to your relational data via open standards.

Cloud SQL for PostgreSQLの実装は現在のCloud SQL for MySQLの設計の原則と同じものです。つまり、安全にデータを保存し、オープンスタンダード経由でリレーショナルデータへ接続できるのです。 (Google Cloud Platform bolsters support for relational databasesから)

性能や価格などはまだ明らかになっていませんが、MySQL版とPostgres版が似たようなものになるとすれば、MySQL版でのインスタンスの最大メモリ容量が104GB、最大データ容量が10テラバイトで、ピーク性能が約2万IOPS程度とされています。ピーク性能はMySQLとPostgreSQLで異なるでしょうが、メモリ容量やデータ容量は同様の規模まで拡張可能になると予想されます。

AWSではすでにマネージドサービスのデータベースサービスである「Amazson RDS」でMySQL、PostgreSQL、MariaDB、Oracle、Microsoft SQL Serverと多様なデータベースを揃えています。クラウドのエンタープライズ市場において必死にAWSの背中を追いかけるGoogleは、今後さらにCloud SQLのバリエーションを増やしていくことになるのでしょうか。



≫次の記事
シスコ、ハイパーコンバージドインフラストラクチャの新版「HyperFlex 2.0」発表。オールフラッシュ最適化など、性能面での優位性をアピール
≪前の記事
IIJ、マルチクラウドの運用統合と自動化を実現する「IIJ統合運用管理サービス」提供開始。同社のノウハウで障害原因の特定や対処をナビゲート


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。