Publickey Smart Edition β3

Google、「App Engine flexible environment」正式版に。自由にコンテナを持ち込んで運用を任せる。Node/Ruby/Javaなど、ASP.NET Coreも

2017年3月15日


GoogleはGoogle App Engineで提供している「App Engine flexible environment」が正式版になったことを発表しました

App Engine flexible environmentは、もともと「Managed VM」と呼ばれていたもので、App Engineの環境の下で仮想マシンを走らせることにより、開発者はアプリケーションの仮想マシンイメージを持ち込むと、あとは負荷に応じたスケールやフェイルオーバーといった運用の面倒をApp Engineが見てくれるというものです。

Managed VMは2014年にDocker対応となり、Dockerコンテナのイメージを持ち込むことができるようになりました。その後、Managed VMは今回正式版となった「App Engine flexible environment」に名前を変えます。

App Engine flexible environmentが正式版になったことで、Google App Engineはアプリケーションをコンテナイメージで持ち込んで運用を任せるための「マネージドアプリケーションプラットフォーム」という新たなポジションになったと言えます。

どんな言語やライブラリもコンテナ化して展開、運用可能

App Engine flexible environmentではコンテナ化されたNode.js、Ruby、Java 8、Python 2.7/3.5、Go 1.8に対応し、これらの言語が正式にサポート。さらにASP.NET Core、PHP 7.1もベータ版として提供されることになりました。

またSwiftやPerlなどこれ以外の言語やライブラリなどもコンテナ化して自由に持ち込むことができます。

アプリケーションは複数のゾーンに分散して自動的に負荷に応じたスケールアウト、スケールインが実行されます。

fig

アプリケーションをバージョンアップする際も、複数のバージョンをデプロイしてトラフィックをコントロールすることも可能。

fig

もちろんデプロイしたアプリケーションのモニタリング、ロギング、デバッグなどにも対応するとしています。




≫次の記事
Google Cloud、マイクロインスタンスを無料に。App Engineは1日28時間、Cloud Storageは月5GB、Cloud Functionsは月200万回など、無料枠を拡大
≪前の記事
国内パブリッククラウド市場、2021年には2016年の2.8倍となる1兆円超え。成長鈍化を乗り越えて、新たな成長期を迎えると。IDC Japan


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。