Publickey Smart Edition β3

Google Cloud Platform、システム構成図用のアイコンライブラリを公開

2017年1月 4日


Googleは、同社のクラウドに対応したシステム構成図を作成するときに役立つアイコン集「SOLUTION ICONS FOR ARCHITECTURAL DIAGRAMS」を公開しました。

fig

アイコンは、Compute Engine、App Engine、Container Engine、Cloud Functionsなどのコンピュート関係に加え、Cloud Storage、BigQuery、Cloud SQL、BigTable、Persistent Diskなどのストレージ関係、Cloud Virtual Network、Cloud DNSなどのネットワークサービスを含む幅広いサービスがカバーされています。

fig

サンプルダイアグラムを見ると、カード型のアイコンを用いるのが特徴のようです。

fig

これらのアイコンのライセンスは、「Google ブランド使用許諾」に準ずるとされています。通常の使用の範囲では問題になることはないと思いますが、製品などに添付されるドキュメントなどで利用される場合には注意したほうがいいかもしれません。

これらのアイコンやサンプルダイアグラムは、Google Slides、パワーポイント、PNG、SVGなどの形式で提供されています。

AWS、マイクロソフト、さくら、IDCFのアイコンも

AWSやマイクロソフトなどは以前からクラウド構成図向けのアイコンを公開していました。あわせてここで紹介しておきましょう。



≫次の記事
Rust言語、asm.jsやWebAssemblyをサポートへ。WebブラウザやNode.jsで実行可能に
≪前の記事
Publickey年間総合ランキング2016。顧客のデータセンターに大型トラックで乗り付け/BashシェルをWindowsに搭載/消火ガス噴射の衝撃音がサーバを破壊ほか


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。