Publickey Smart Edition β3

GitLabが本番データベース喪失/オラクルがAWSとAzureで価格2倍に/地球規模の大規模分散環境で稼働するGoogle Cloud Spannerほか。2017年2月の人気記事

2017年3月 8日


フリーランスにとって3月は確定申告の季節。僕は2年前から会計士に書類作成をお願いするようになってからは、交通費を計算したり領収書など必要な書類をまとめるだけで自分の作業が済むようになったので、ずいぶん気が楽になりました。

さて、2月が終わりましたので人気記事を紹介しましょう。2月はGitLab.comが本番データベースを喪失するという障害を報じた記事のはてなブックマークが1500を超える大人気となりました。

2017年2月の人気記事

1位 GitLab.comが操作ミスで本番データベース喪失。5つあったはずのバックアップ手段は役立たず、頼みの綱は6時間前に偶然取ったスナップショット

2位 オラクル、AWSとAzureでのOracle DBライセンス体系を変更。コア係数が適用外になり、ライセンス価格が2倍に

3位 Bash on Windowsが強化、Linux版のJavaやGo、PostgreSQLなどもWindowsで実行可能に。3月リリースのWindows 10 Creators Updateで

4位 「Google Cloud Spanner」発表。地球規模の大規模分散環境で稼働するミッションクリティカルなリレーショナルDB。NoSQL並のスケーラビリティでSQL対応、トランザクション処理を実現

5位 「Front-End Developer Handbook 2017」がGitBookで無償公開。フロントエンドデベロッパーに求められるさまざまなスキル、要素技術、ツールなどを幅広く紹介する一冊

6位 ソラコム、LoRaWAN通信サービスを国内で正式に開始。免許不要、数キロ先まで無線通信、乾電池で数年稼働のIoT向け通信。デバイスとサービスを展開

7位 「Kubernetesはオープンソースのコンテナオーケストレーションのデファクトになった」と、CoreOSがfleetの開発を終了、代わりにKubernetes採用を発表

8位 AWS、企業向けビデオ電子会議のクラウドサービス「Amazon Chime」発表。1対1のビデオ会議やチャットルームは無料

9位 Google、書籍「Site Reliability Engineering」の無料公開を開始。インフラや運用をソフトウェアで改善していく新しいアプローチ

10位 IaaS/PaaS市場はAWSが40%超のシェアでトップを譲る気配はなし。マイクロソフト、Google、IBMの合計シェアも増加、2016年第4四半期。Synergy Research Group

2017年2月の運営報告

毎月恒例の運営報告です。Google Analyticsによると、2017年2月のページビューは40万8801。ユニークユーザーは20万173でした。

今年もはやくも3カ月目に入りました。昨年に続き、おかげさまで今年もPublickeyはビジネス的に順調に推移しています。引き続きご愛読のほど、よろしくおねがいします。



≫次の記事
[速報]GoogleとSAPがクラウドで協業。SAP Cloud PlatformをGoogle Cloud上で展開可能に
≪前の記事
マイクロソフト、Visual Studio 2017正式リリース。コードを書きながら自動的にユニットテストを実行してくれるライブユニットテスティングなど


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。