Publickey Smart Edition β3

GitHub、無料アカウントのユーザーにもDeveloper Programを解放。APIを使ったGitHub連携アプリを開発可能に

2017年4月18日


GitHubは同社のDeveloper Programを刷新、無料アカウントを含む個人ユーザーや企業など、誰でも同社のDeveloper Programに参加できるようになったと発表しました

GitHub Developer Programとは、GitHubのAPIを利用してGitHubと連携したシステムやアプリケーションを開発するデベロッパーのためのプログラムです。

fig GitHub Developer Program

Developer Programへの参加で、GitHub APIの新機能が公開される前に情報を得られたり、GitHub Enterpriseに対してテストを行うためのライセンスを取得することなどができます。

また、GitHub Developer Programに新しく下記の3つのレベルが導入されたことも、あわせて発表されました

レベル1:入門段階にあるレベル。GitHub APIを学習するためのツールや、コミュニティへの参加のためのコンテンツやイベントが提供される。

レベル2:GitHubとの連携アプリをリリース後のレベル。レベル1に加えて、GitHub.comのクレジットとネットワークの割引が提供される。

レベル3:GitHubとの連携アプリが成功し、継続してメンテナンスしているレベル。成長を支援するために、レベル1、レベル2に加え、GitHub Developer Programメンバーのスポットライトの機会とコンサルティングサービスなどが提供される。



≫次の記事
Docker、「LinuxKit」を発表。コンテナランタイムのためだけにゼロから開発されたセキュアなLinux Subsystem。DockerCon 2017
≪前の記事
コンテナとマイクロサービスを基盤とした分散ブロックストレージ「Longhorn」をRancher Labsが発表


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。