Publickey Smart Edition β3

GitHub Desktopがバージョン1.0に。Electronベース、クローンが高速になり、好みのエディタやシェルを起動可能

2017年9月21日


GitHubは、オープンソースで開発しているGitHubクライアントの「GitHub Desktop」バージョン1.0を公開しました

GitHub Desktopは以前からネイティブアプリケーションとして提供されていましたが、今回公開されたGitHub Desktop 1.0は、あらためてHTMLやCSS、JavaScriptといったWebテクノロジーでデスクトップアプリケーションを開発するためのフレームワーク「Electron」をベースに新しく開発されたもの。

ElectronをベースにしたことでWindows版とMac版のコードの共通化がはかられたと同時に、ほぼ共通のユーザー体験を実現しました。

GitHub Desktop

GitHub Desktopは、ソースコード管理サービスGitHubのクライアントとして、コードリポジトリのクローン、ブランチの作成、任意のエディタを起動してのコードの編集、コミット、プルリクエストの発行など、Gitワークフローの一連の作業をグラフィカルなユーザーインターフェイスのマウス操作で行えるアプリケーションです。

バージョン1.0では、画像や動画、音声といった大容量のファイルを扱う「Git LFS」のダウンロードがパラレルに実行されることで、さらに高速なクローンを実現。また、GitHub Desktopから好みのシェルやエディタを起動することが可能になっています。

オンプレミスでGitHubワークフローを実現するソフトウェア「GitHub Enterprise」もサポートしました。

GitHub Desktopは今後もオープンソースとして開発が続けられます。ロードマップによるとコンフリクトの解決機能やプルリクエストのリスト機能などが予定されています。



≫次の記事
StackOverflowが「給与見積もりサービス」を公開。もしサンフランシスコのフロントエンド開発者だったら、ベルリンのデータサイエンティストだったら、給料はいくらか?
≪前の記事
Windows ServerでLinuxコンテナが稼働可能に、今月のWindows Server 2016アップデートで。マイクロソフトが予告


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。