Publickey Smart Edition β3

Dockerコンテナに特化した「RancherOS」正式版リリース。Linuxカーネル上でDockerを実行、システムもユーザーもすべてをコンテナ空間に

2017年4月18日


Dockerコンテナの実行に特化した軽量なLinuxOSの「RancherOS」が正式版に到達したことが、開発元のRancher Labsから発表されました

fig

RancherOSは単にコンテナの実行に関係ないライブラリなどを省略してLinux OSをスリムダウンするだけではなく、Linux OSの構造そのものをコンテナ専用にしようというアプローチを採用しています。

その最大の特徴が「Everything in RancherOS is a container managed by Docker.」(RancherOSのすべてはDockerが制御するコンテナ内にある)というものです。

下記のRancherOSの仕組みを示した図にあるように、Linuxカーネル上でDockerを実行し、ntpd、syslog、consoleといったシステム関連のプロセスはこの「System Docker」が制御するコンテナ内で稼働。

System Dockerはユーザーレベルの空間を制御する「User Docker」を立ち上げ、ユーザー空間はこのUser Dockerのコンテナで実行されることになります。User DockerはSystem Dockerとは分離されているため、ユーザー空間での処理にシステムが影響されることはありません。

こうした最適化によって、RancherOSはわずか5秒から10秒で起動し、ほぼ即時にDockerコンテナを開始できるようになるとされています。

また同社は同時に、コンテナとマイクロサービスを基盤とした分散ブロックストレージ「Longhorn」を発表しました



≫次の記事
コンテナとマイクロサービスを基盤とした分散ブロックストレージ「Longhorn」をRancher Labsが発表
≪前の記事
セールスフォース・ドットコム、神戸のデータセンターが稼働開始。東京に続いて国内2番目


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。