Publickey Smart Edition β3

Docker、「LinuxKit」を発表。コンテナランタイムのためだけにゼロから開発されたセキュアなLinux Subsystem。DockerCon 2017

2017年4月19日


Dockerは、コンテナの実行に必要な機能に特化したLinux Subsystem「LinuxKit」を、テキサス州オースチンで開幕した同社のイベント「DockerCon 2017」で発表しました。

Linux Subsystemとは、例えばWindows 10のbash機能がWindows 10内部に用意されたLinux Subsystemで実現されているように、システムの一部として組み込まれて動作し、Linuxの機能を提供するコンポーネントを指す一般名称です。

つまりLinuxKitとは、コンテナプラットフォームに組み込まれてLinuxの機能を提供するコンポーネントということになります。

Linux Foundationなどと協力して「LinuxKit」を開発

Docker創業者のSolomon Hykes氏は基調講演で、コンテナの普及によって、コンテナプラットフォームのためのセキュアかつスリムでポータブルなLinux Subsystemが必要になっていると説明。

そのために、Linux Foundationを初めとする数社と協力して「LinuxKit」を開発したことを発表しました。

fig

例えばWindowsやMacあるいはベアメタルサーバのような、Linux OSの機能が提供されていない環境にも、Linuxコンテナを実行できるコンテナプラットフォームを簡単に展開できるようになります。

fig

LinuxKitはコンテナ環境に特化し、特別なパッチやコンフィグレーションが提供されています。

fig

LinuxKitは、既存のLinuxから余計なものを排除してコンテナに最適化したのではなく、コンテナプラットフォームのためにゼロからベアメタルカーネルを作り、最小のシステムライブラリを作り、コンテナランタイムを載せたものであり、これをコアとしてそれ以外のものはすべてコンテナによるオプションにしたとSolomon氏。

fig

LinuxKitは35MB程度の小ささに収まっていると説明されています

これまで、コンテナに最適化した軽量なLinuxディストリビューションがRed HatやCoreOS、そしてRancher Labsなどから登場してきました。Docker自身も軽量なLinux OSの開発をAlpine Linuxとして手がけていました。

しかし今回発表されたLinuxKitは、コンテナランタイムさえ動けばその下のレイヤは単独で動作するLinux OSである必要はないとして、Linuxをコンテナプラットフォームのサブシステムにまで突き詰めて分解、再構築してコンポーネント化したものといえます。

果たして、Linuxディストリビューションベンダはこれに対して今後どのような戦略で立ち向かうことになるのでしょうか。

基調講演ではLinuxKitの発表後、マイクロソフトがWindows Server Container機能でLinuxコンテナをサポートすることを発表しました。詳細は次の記事をお読みください

DockerCon 2017



≫次の記事
マイクロソフト、Windows Serverのコンテナ機能でLinuxコンテナのサポートを発表。主要なLinux OSとLinuxKitに対応。DockerCon 2017
≪前の記事
GitHub、無料アカウントのユーザーにもDeveloper Programを解放。APIを使ったGitHub連携アプリを開発可能に


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。