Publickey Smart Edition β3

[速報]Bash on WindowsがUbuntuに加えFedora、openSUSEにも対応。Windows Storeから簡単に導入可能に。Build 2017

2017年5月12日


米マイクロソフトがシアトルで開催している開発者向けイベント「Microsoft Build 2017」。2日目の基調講演では、Windows 10でBashやLinuxバイナリが実行可能となる「Bash on Windows」の強化が発表されました

UbuntuがWindows Storeアプリとなり、導入が簡単になりました。

fig

Ubuntuに加えてFedoraとopenSUSEのLinuxディストリビューションにも対応。この2つもWindows Storeから簡単に導入できるようになります。

fig

それぞれのLinuxディストリビューションは1つのWindows 10上で同時に共存でき、別々に実行することが可能です。

「これによって4つの個性(Windows、Ubuntu、SUSE、Fedora)が同じ1つのOS上で実現することになる。WindowsアプリケーションもLinuxアプリケーションも実行できる、最高の開発環境となる唯一のOSの実現だ」(Windows&Devices担当EVP テリー マイヤーソン氏)

fig

Build 2017 day1

Build 2017 day2



≫次の記事
[速報]マイクロソフト、「Xamarin Live Player」発表。Visual Studioで開発したコードを直接iOS/Androidデバイスに転送、実行、リモートデバッグ。Build 2017
≪前の記事
[速報]マイクロソフトがグローバル規模の分散NoSQLデータベース「Azure Cosmos DB」発表。数ミリ秒のレイテンシ保証、一貫性の強さを選択。Build 2017


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。