Publickey Smart Edition β3

サーバレスのAzure Functionsをサポートするオンプレミス用Azure、「Azure Stack」最終テクニカループレビュー版登場。ハードウェア込みで従量課金が選択可能に

2017年3月 7日


マイクロソフトは、Microsoft Azureと同様の機能をオンプレミスで実現するソフトウェア「Azure Stack」のテクニカルプレビュー第三版(TP3)の公開を発表しました

Azure Stack TP3 Delivers Hybrid Application Innovation and Introduces Pay-as-you-Use Pricing Model | Blog | Microsoft Azure

Azure Stackは今年中旬に正式版がリリースされる予定で、TP3はテクニカルプレビューの最終版と位置づけられています。

AzureのIaaS/PaaSをオンプレミスで提供

Azure Stackは、オンプレミスでMicrosoft AzureのIaaS機能およびPaaS機能と同様の機能を実現するソフトウェアです。パブリッククラウドと同様の開発環境、実行環境がオンプレミスでも利用可能になり、両者を連携させるハイブリッドクラウドの構築と運用を容易に実現できるようになります。

と同時に、利用者はアプリケーションを変更することなく特定のアプリケーションをオンプレミス、パブリッククラウドのどちらでも、あるいは両者にまたがって実行可能になります。

TP3は公開後も継続的にアップデートが予定されており、今後サーバレスコンピューティングを実現するAzure Functionsの機能追加が予定されているほか、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェアであるCloud Foundry、コンテナオーケストレーションツールのMesosなどの追加も予定されています。

また、Azure Stackでは従量課金が選択可能であることも明らかになりました。

Azure Stackは、Dell EMC、HPE、レノボ、シスコなどのハードウェアパートナーから、アプライアンスの形で提供される見通しです。このときユーザーは製品を一括購入するだけでなく、パブリッククラウドと同様に、利用した分だけ料金を支払う従量課金も選択可能になるとのことです。



≫次の記事
Google、DockerコンテナのビルドをREST APIなどで自動化できる「Container Builder」リリース。1日あたり120分のビルド時間まで無料
≪前の記事
Dockerが商用版Dockerとして「Docker Enterprise Edition」発表、認証済みイメージやプラグインなど提供。無償版は「Community Edition」に


新着記事

Home PC版Homeへ

お知らせ:Publickey Smart Editionは、現在ベータ版として無料で試験運用中です。