Visual Studio CodeがJUnitに対応。エディタ上で単体テストの実行、テストのデバッグなどが可能に

2017年12月6日


マイクロソフトはオープンソースで開発している無償のコードエディタ「Visual Studio Code」(以下VSCode)をJUnit対応にする拡張機能「Java Test Runner」のリリースを発表しました

Java Test Runner

「JUnit」は、Javaで単体テストの自動化を行うためのフレームワークです。さまざまな開発ツールでサポートされており、Javaの単体テストを行う際の事実上の標準といえます。

VSCodeに拡張機能「Java Test Runner」を追加することで、JUnit4のテストを認識し、VSCode上でテストの実行や実行結果、テストコードのデバッグなどが可能になります。

下図は、テストコードを実行するところ。

VSCodeがJUnit対応 fig1

下図はテストコードが通って緑のチェックマークがついたところ。

VSCodeがJUnit対応 fig2

また、VSCode標準のコンソールは表示しかできず、テスト動作中にユーザーからの何らかの入力が必要な場合に対応できません。そのため、新たに統合ターミナルが用意されました。画面下部に表示される「integratedTerminal」と別ウィンドウとして表示される「externalTerminal」です。

コード中にコンソールとしてどちらかを指定することで、テスト動作中にユーザーからの入力を受け付けられるようになります。

VSCodeがJUnit対応 fig3
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Visual Studio , ソフトウェアテスト


次の記事
事実上の標準コンテナランタイム「containerd」がバージョン1.0に到達

前の記事
インテルの元データセンター部門トップがGoogle CloudのCOOに就任、ダイアン・ブライアント氏


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig