SUSEが「Container as a Service Platform 1.0」のベータ公開を開始。コンテナ用の「SLE MicroOS」も登場

2017年4月4日

Linuxディストリビューションなどで知られるSUSEは、コンテナベースのアプリケーションを実行し運用するプラットフォーム「Container as a Service (CaaS) Platform 1.0」以下(CaaS Platform)のベータ公開を3月30日に開始したことを発表しました

CaaS PlatformはコンテナのホストOSとして、SUSE Linux Enterprise Serverをベースにコンテナ用に開発された「SUSE Linux Enterprise MicroOS」(SLE MicroOS)を採用。コンテナのオーケストレーションツールとしてKubernetesを採用し、構成の自動化についてはSaltStackを使うと説明されています。

fig

SUSEは3月にHPEのOpenStackおよびCloud Foundryの事業資産を買収したことで、IaaSとPaaSにまたがる幅広いクラウドプラットフォームのビジネスを大幅に強化しました。

同社は以前からミドルウェアやアプリケーションの領域には手を出さず、Linux OSを中心としたプラットフォームベンダに徹しています。同社はこの路線を維持しつつ、CaaS Platformの開始によって、IaaS、PaaS、そしてコンテナプラットフォームと、クラウドの領域におけるプラットフォームベンダとしての戦略を強化していくことになると見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , SUSE , クラウド , コンテナ型仮想化



≫次の記事
Google、動画の内容を判別するAPI/Visual Studio 2017正式リリース、ライブユニットテスト/Amazon S3ダウンの原因はコマンドの入力ミス、ほか。2017年3月の人気記事
≪前の記事
ITインフラが自動化されても、社内の承認プロセスが遅くては意味がない。社内プロセスを早く回す、情報部門のためのクラウドサービスとは[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig