NetApp、ラスベガスでの乱射事件により、現地の年次イベント「NetApp Insight 2017」を順延

2017年10月3日

10月1日午後10時頃(日本時間2日午後2時頃)にラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル近くで起きた乱射事件は、少なくとも59人が死亡、500人以上の負傷者が出る大きな事件として報道されています。

ストレージベンダとして知られるNetAppは、このマンダレイ・ベイ・ホテルで10月2日から5日まで、同社の年次イベント「NetApp Insight 2017」を開催予定でしたが、2日の予定をすべてキャンセルし、3日以降に順延すると発表しました。

NetApp CEOのGeorge Kurian氏は、NetApp Insight 2017のWebサイトのトップページで次のようなメッセージを示しています。

昨夜、ラスベガスのマンダレイベイで起きた悲劇的な事件を大変悲しく残念に思います。慎重に検討した結果、私たちはNetApp Insightを順延し、10月3日火曜日から開始することとしました。(メッセージ全文のPDF

マンダレイ・ベイ・ホテルをはじめラスベガスはIT系の大規模イベントでよく使われる場所です。今回被害にあわれた方々には心からお見舞いを申し上げます。事件発生のタイミングが少しずれればNetAppのイベント参加者や日本人の参加者が被害にあってもおかしくない状況で、そうした被害にあわれた関係者がいなかったことは不幸中の幸いでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  NetApp


次の記事
JavaOne 2017開幕。基調講演でコンテナやマイクロサービスへの積極対応が示される。JavaOne 2017

前の記事
[速報]Java対応のサーバレスプラットフォーム「Fn Project」、オラクルがオープンソースで公開。JavaOne 2017


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig