国内ITサービス市場、2021年までの年間平均成長率は1.1%と横ばい。国内ITサービス市場をけん引してきた大規模なシステム構築案件が減少。IDC Japan

2017年3月2日

調査会社IDC Japanは、2021年までの国内ITサービス市場予測を発表しました

低成長が続くことが予測される国内ITサービス市場は、2016年から2021年までの年間平均成長率が1.1%と予測。2021年の市場規模は5兆7674億円とされています。

fig 国内ITサービス市場 支出額予測、2016年~2021年。2016年は実績推定値、2017年以降は予測。Source: IDC Japan, 2/2017

国内ITサービス市場は、2014年から2015年にかけて2年連続で3%を超える成長を実現しました。しかし2016年に入ると、それまでの成長を支えた金融機関や官公庁/地方自治体における大規模プロジェクトが終息に向かった影響が広がり、成長率が鈍化しました。

2017年以降の国内ITサービス市長は、クラウドやIoT(Internet of Things)などの第3のプラットフォームやデジタルトランスフォーメーションに関連するシステム投資が徐々に存在感を強めていくものの、国内経済の低成長見通しや、ITサービスの代替製品/サービスの影響により、徐々に成長のペースを下げていくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 働き方 / 給与 / 学び
タグ  調査結果


次の記事
GitHub、企業向けの「Businessプラン」発表。GitHub.comでSAMLシングルサインオン、アップタイム保証、24時間サポートなど

前の記事
Amazon S3が一時ダウン、米国東部リージョンで大規模障害。肝心のヘルスダッシュボードまで巻き込まれて表示が乱れ、AWS公式ツイッターアカウントが状況報告


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig