Google Cloud、GPUを仮想マシンに追加可能に。1つの仮想マシンにGPUプロセッサを最大8基で処理時間を大幅に短縮

2017年2月23日

GoogleはGoogle Compute EngineとCloud Machine LearningでGPUが利用可能になったと発表しました

GPUやCPUに比べて行列演算のような比較的単純かつ大量の演算を高速に実行する能力が高いため、機械学習などを高速に処理できるようになります。

新しく提供されるGPUサービスでは、Google Compute Engineの仮想マシンに対して最大4つの「NVIDIA Tesla K80 GPU Accelerator Board」を接続できます。このGPUボードには最新のKeplerベースのGPUプロセッサを2つ、GPUプロセッサごとに12GBのGDDR5メモリを搭載しており、利用者は仮想マシンにアタッチするGPUプロセッサ数を1つ、2つ、4つ、8つから選択できます。

fig

価格は1GPUが1時間あたり0.7ドルから。

fig

またマネージドサービスで機械学習が利用できるCloud Machine LearningでもGPUが統合されており、これまで1台のマシンで数日かかっていた大規模な処理が複数のGPUによる処理によって処理時間を大幅に短縮できると説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Compute Engine , 機械学習


次の記事
日本、中国、米国のPMが議論し、ロシア、インド、日本らのエンジニアが開発。日本からグローバルに展開する帳票ツール「ActiveReports」のこれから[PR]

前の記事
日本国内のIoT市場は2021年まで平均17%成長、市場規模は11兆円に。高い成長性が期待されるのは農業、小売店舗内など。IDC Japan

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig