アドビ、Flash Playerの提供とアップデートを2020年末で終了。アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、Mozillaも終了に向けたロードマップを明らかに

2017年7月26日

アドビは、同社が提供するFlashに関するソフトウェアの提供とアップデートを2020年末をもって終了すると発表しました

fig

発表文のなかでアドビは、HTML5やWebGL、WebAssemblyなどのオープンな標準が成熟してきたことがFlash終了の背景にあると、次のように説明しています。

But as open standards like HTML5, WebGL and WebAssembly have matured over the past several years, most now provide many of the capabilities and functionalities that plugins pioneered and have become a viable alternative for content on the web.

HTML5やWebGL、WebAssmblyのようなオープンな標準がこの数年で成熟してきており、プラグインが開拓してきた多くの機能を提供することになった。それがいまやWebコンテンツの強力な担い手となっている。

そこでアドビは主要なパートナー数社、アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、Mozillaなどの協力を得つつ、Flashを2020年末で終了させることを明らかにしました。

Specifically, we will stop updating and distributing the Flash Player at the end of 2020 and encourage content creators to migrate any existing Flash content to these new open formats.

そこで、私たちはFlash Playerの更新と配布を2020年末で終了することにした。コンテンツクリエイターの方々は既存のFlashコンテンツを新しいオープンな標準へマイグレートすることをお勧めしたい。

アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、Mozilla各社の声明

アドビの発表と同時に、アップル、Facebook、Google、マイクロソフト、Mozilla各社も声明を発表しています。

アップル

アップルはWebKitのWebサイトで「Adobe Announces Flash Distribution and Updates to End | WebKit」を発表。

iPhoneやiPad、iPodのユーザーはすでにFlashのサポート終了を経験している(2010年にアップルはiOSでFlashをサポートしないと発表)と指摘したうえで、WebKitがサポートするWeb標準への移行を呼びかけています。

Facebook

Facebookは記事「Migrating Games from Flash to Open Web Standards on Facebook - 開発者向けFacebook」を公開。次のようにHTML5への移行を呼びかけています。

As a result, we've partnered with game developers to support their HTML5 efforts, helping them continue to deliver games on Facebook.

Google

Googleはオフィシャルブログで記事「Saying goodbye to Flash in Chrome」を公開。

Chromeはアドビと協力してFlash Playerの機能をChromeに統合しています。しかし3年前はデスクトップ版Chromeの80%が毎日Flashを使用していたのに対し、現在は17%に減少していると指摘。

現時点でもChromeはFlashの利用をデフォルトでオフにするなど、その利用を制限しつつありますが、これを進めて2020年には完全に削除するとしています。

マイクロソフト

マイクロソフトは記事「The End of an Era – Next Steps for Adobe Flash - Microsoft Edge Dev BlogMicrosoft Edge Dev Blog」を公開。

同社はかつてSilverlightを開発してFlashと激しく競合していましたが、そのSilverlightはFlashよりも先に開発を終了しています。

同社もMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer、そしてWindowsにおいても2020年にはFlashのサポートを終了するとしています。

Mozilla

Mozillaは記事「Firefox Roadmap for Flash End-of-Life | Future Releases」を公開。Flashサポート終了に向けた新しいロードマップ「Plugin Roadmap for Firefox」を発表。

来月から、ユーザーはどのWebサイトでFlashプラグインを実行できるようにするかを選択できるようになり、2019年にはデフォルトですべてのユーザーでFlashがオフになると説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  Flash , HTML5 , Web標準


次の記事
Google、TCPのスループットとレイテンシを改善する輻輳制御アルゴリズム「TCP BBR」をGoogle Cloudで利用開始

前の記事
クラウド向けの国内ITサービスは2021年まで年平均41%成長で約2兆円市場に。IDC Japan


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig