2016年の国内ビッグデータ/分析ソフトウェア市場の規模は約2300億円。クラウドDWHの成長にオンプレミスDWHへの投資も。2021年まで年平均8.4%成長

2017年6月13日

調査会社IDC Japanは、国内のビッグデータおよびアナリティクスソフトウェア市場の調査結果と市場予測を発表しました

発表によると、2016年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は前年比8.0%増の高い成長率を記録し、市場規模は2282億6000万円。

成長の要因としては、クラウド型DWHソリューションの好調が継続している一方で、オンプレミス型の製品においても大型の導入が続いたためとのこと。企業はクラウドとオンプレミスの併存するデータアナリティクス環境を利用していると同社は分析しています。

fig 国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測、2016年~2021年(2016年は実績値、2017年以降は予測値) Source: IDC Japan, 6/2017

2021年までの予測では、ビッグデータ/アナリティクスソフトウェアへの投資は徐々に企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)をターゲットにしたものに移行し、Hadoopなどのノンリレーショナル分析データストア、コグニティブ/AIシステム基盤、コンティニュアスアナリティクスソフトウェアなどが市場の拡大を牽引。

2021年には市場規模が3419億800万円となり、年間平均成長率 (CAGR: Compound Annual Growth Rate)8.4%になると予測されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 機械学習 / AI / ビッグデータ
タグ  ビッグデータ , 調査結果


次の記事
KDDIがGoogle Cloud Platformの提供を発表、クラウドアプリ開発から24時間365日の保守運用まで。ソフトバンクもGoogle Cloud Platformの認定パートナー取得

前の記事
Microsoft Azure、FreeBSDに続いてOpenBSDも正式サポート


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig