VMwareとEMCが「VCE VxRail」発表、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ市場へ参入

2016年2月18日

VMwareとEMCは、EMC傘下にあるVCEのハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品「VCE VxRail Appliance」ファミリーを発表しました。

VxRail | Hyper-Converged Infrastructure | VCE

VxRailはVCEにとってハイパーコンバージドインフラストラクチャ市場へ投入する初めての製品です。ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは、サーバをネットワークでつなげていくだけで、仮想化基盤の性能やストレージをスケールアウトできる特徴を備えているもの。

仮想化市場での成長分野として、すでに新興ベンダのNutanixをはじめ、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、レノボなどのサーバベンダが参入しています。

VxRailは2Uの筐体に最大4台のサーバを搭載、最小1筐体から最大16筐体で3200仮想マシンまでの構成が可能。

fig

仮想化基盤を構成するソフトウェアとして「VMware vSphere」と「VMware vCenter Server」「VMware Virtual SAN」、およびレプリケーションやバックアップの機能として「EMC RecoverPoint for Virtual Machines」「VMware vSphere Data Protection」も搭載されています。

VCEはもともとVMware、シスコ、EMCが2009年に合弁で設立した企業。2014年にはシスコが合弁から離れ、VCEはEMC傘下の企業となりました

VxRailはVCEにとってEMC傘下となってから初めての大型新製品といえます。同社は共有ストレージアレイを用いた仮想化専用の垂直統合サーバ「Vblock」を提供してきましたが、いま市場ではハイパーコンバージドインフラストラクチャの注目が急速に高まっており、このVxRackが今後の同社の主力製品になると見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , VMware , サーバ , ハイパーコンバージドインフラストラクチャ , 仮想化



≫次の記事
マイクロソフト、Dockerコンテナをクラウドに展開する「Azure Container Service」公開プレビュー。オーケストレーションツールにApache MesosとDocker Swarmを採用
≪前の記事
Google、クラウドの仮想CPU数とメモリ容量を自由にカスタマイズできる「Custom Machine Types」正式サービス開始。適切な性能設定で最大50%もコスト削減に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus