「VMware vSphere 6.5」発表。Dockerコンテナ機能と統合、REST API、HTML5 vSphereクライアントなど。VMworld 2016 Europe

2016年10月21日

VMwareは9月17日から20日まで、スペイン バルセロナで開催されたVMworld 2016 Europeにおいて、仮想化ソフトウェアの最新版「VMware vSphere 6.5」を発表しました

fig

vSphere 6.5では、vSphere向けに主要な機能が組み込まれた「vCenter Serverアプライアンス」が用意されました。パッチの適用、アップグレード、バックアップ、高可用性などの運用がシンプルになります。

RESTful APIが用意され、仮想インフラの操作をAPI経由で操作可能になり、HTML5をベースにした新しいvSphere Webクライアントも提供されます。

fig

さらにvSphere 6.5では、仮想マシンのセキュリティや管理性などを備えつつ、Dockerコンテナの特長である高速で軽量なメリットを得られる「vSphere Integrated Containers」も搭載します。従来の仮想マシンをベースにした環境とコンテナ環境の両方の基盤を統一的に運用可能です。

fig

また同時に発表されたVirtual SAN 6.5では、vSPhere Integrated Containersと組み合わせることでコンテナから永続的ストレージとして利用可能。

そのほかVirtual SAN 6.5では、Virtual SANストレージを外部からiSCSIターゲットとして利用可能、2台のノードをクロスケーブルで直接接続する構成のサポートなどの追加機能が含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , VMware , コンテナ , 仮想化



≫次の記事
VMware、コンテナ専用プラットフォームにKubernetesやVMware NSX、Virtual SANを統合した新版「Photon Platform」発表。VMworld 2016 Europe
≪前の記事
Java 9のリリース予定は来年2017年7月27日に4カ月延期。Jigsawの開発にさらに時間がかかる見通しで

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig