Red Hat、OpenJDKのWindows版「OpenJDK 8 for Windows」ディストリビューションをリリース。RHEL版と100%互換を保証

2016年6月29日

Red Hatはオープンソースで開発されたJava SEのWindows版「OpenJDK 8 for Windows」のRed Hatによるディストリビューションを発表しました

fig

OpenJDK 8 for WindowsはLinux対応のOpenJDK8と完全な互換性を保証しており、Windows版で開発したアプリケーションはそのままLinux版でも動作保証されます。

All Red Hat distributions of OpenJDK 8 on Windows are supported for development purposes, so that you have the convenience and confidence to develop and test in Windows or Linux-based environments and deploy your solution to a 100% compatible, fully supported, OpenJDK 8 on Red Hat Enterprise Linux.

Red HatによるWindows対応OpenJDK 8ディストリビューションは、開発目的でサポートされるため、WindowsもしくはLinux環境での開発やテストの利便性や信頼性を得ることができるとともに、Red Hat Enterprise Linux上のOpenJDK 8に対してのデプロイでは100%の互換性とサポートが提供されます。
(「RED HAT OPENJDK」から)

マイクロソフトが.NETをオープンソース化してLinux対応にしたことに答えるように、Red HatがJavaのオープンソース実装をWindowsに対応させリリースしたことは、両社がWindowsとLinuxの相互運用性を高めようと動いているように見えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Java , Red Hat , Windows , 開発ツール



≫次の記事
「Amazon Elastic File System」が正式版に。NFSでマウント、使った分だけ自動拡張、数千クライアントにも対応するスケーラビリティ
≪前の記事
[速報]オープンソースの「.NET Core 1.0」、マイクロソフトが正式リリース。Windows/Linux/macOSに対応。Red HatがRHELなどで正式サポート開始

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig