マイクロソフト、業務向けのモバイルアプリをブラウザから簡単に開発できる「PowerApps Studio for Web」プレビュー公開

2016年8月9日

マイクロソフトは、プログラマではなくパワーユーザー層がモバイル対応の業務アプリケーションを簡単に開発できるツール「PowerApps Studio」のWebブラウザ版となる「PowerApps Studio for Web」のプレビュー版を公開したと発表しました

PowerAppsが最初に発表されたのは2015年12月。このときには開発ツールとしてWindows版のデスクトップアプリケーションとして「PowerApps Studio for Windows」が用意されていました

今回発表された「PowerApps Studio for Web」は、デスクトップアプリケーション不要で、Webブラウザから開発ツールを利用してモバイル対応の業務アプリケーションを開発できるというものです。

PowerAppsはクラウドサービスとして提供されます。あらかじめPowerAppsのバックエンドには、データソースとしてOffice 365、Dynamics CRM、Salesforce.comやDropbox、Google Drive、OneDrive、Yammerなどのクラウドサービスや、オンプレミスのSQL ServerやOracle Database、SAPなどを接続しておき、PowerApps Studioでフロントエンドを開発します。

想定されている業務アプリケーションは、データソースから引っ張ってきた情報を閲覧するようなもの。例えば在庫一覧や価格表、発注依頼画面といったものなど。アプリケーションはモバイル対応になり、iPhoneなどさまざまなモバイルデバイスで利用可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Microsoft , モバイル



≫次の記事
ITまんが 2016年版 ~ ITが楽しく分かるマンガを集めてみました
≪前の記事
ソフトバンクがARMを買収/マイクロソフト、Windows 10を月額課金で提供/IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた、ほか。2016年7月の人気記事

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig