国内企業向けサーバ、ストレージ、スイッチなどITインフラ市場、2015年のシェア、トップは富士通、2位はNEC、3位はHPE。IDC Japan調べ

2016年6月17日

調査会社のIDC Japanは、国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の実績に関する調査を発表しました

同社はサーバ、エンタープライズストレージシステム、データセンター向けネットワークスイッチを包含した市場を「ITインフラストラクチャ市場」と定義。2015年の国内ITインフラストラクチャ市場の出荷額は、前年比で8.5%増の7502億5200万円。

出荷額のシェアでは、1位が富士通、2位がNEC、3位がヒューレット・パッカード・エンタープライズとなっています。

fig 国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年。Source: IDC Japan, 6/2016

ITインフラストラクチャ市場をコンポーネント別の出荷額で見ると、サーバーが67.6%に当たる5069億6000万円、ストレージが26.4%に当たる1977億3800万円、イーサネットスイッチが6.1%の455億5400万円とのこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  HPE , サーバ , 調査結果


次の記事
ECMAScript 2016の言語仕様をECMA Internationalが承認。正式版として公開

前の記事
[速報]Joyent、Samsungによる買収を発表。「クラウド市場で戦うには規模が足りなかった」


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig