開発者や企業が自由に製品を発表できるクラウド上のマーケットプレース「エコアライアンス」、IDCフロンティアが発表

2016年1月21日

Yahoo!傘下のデータセンター事業者IDCフロンティアは、同社の「IDCFクラウド」上で企業や開発者が製品やサービスを自由に公開し、顧客が無償で試用できる機会を提供するマーケットプレースの仕組みを持つ「エコアライアンス」を発表しました

fig IDCフロンティア | エコアライアンス

エコアライアンスは、IDCFクラウド上のマーケットプレースで外部パートナーが自社製品やサービスを自由に公開、顧客に試用機会を提供するというもの。利用頻度の高いものや評価の高いものはIDCフロンティアが販売支援などの実施も検討してくれます。

fig IDCフロンティアの発表資料から

エコアライアンスへの参加は無料。クラウド上で仮想マシンの設定と構成を自動化する「コミュニティテンプレート」を公開することで、顧客はIDCFクラウド上ですぐにアプリケーションを試せるようになります。

今後はマーケットプレース上でのソフトウェアのレーティングやランキング機能、課金代行機能などの提供も予定しているとのこと。

パートナーは現在約20社、今年春には100社に増やしたいとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド



≫次の記事
GoogleがClouderaらと共同で「Google Cloud Dataflow」のオープンソース化提案。Apache Incubatorプロジェクトとして
≪前の記事
マイクロソフトが「Linuxとクラウド」を活用してもらうために取り組んでいること。日本マイクロソフトのオープンソースエバンジェリストに聞く[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus