GoogleがApigeeを買収。Google CloudでAPIの外部公開や管理などが容易に

2016年9月9日

GoogleはAPI管理プラットフォームのベンダとして知られるApigeeの買収を発表しました

Google Cloud Platform Blog: Google to acquire Apigee

いわゆる「APIエコノミー」と呼ばれる時代がやってくると、多くの企業が自社のサービスをAPIとして外部に公開し、さまざまなサービスに利用してもらうようになると考えられています。

例えば小売業が自社の在庫状況をAPIで公開することで、いちいち営業担当に電話で問い合わせてもらわなくてもよくなり、手間やコストが省けます。製造業なら商品一覧と納期をAPIで公開することで、サプライチェーンのシステムとの連携が容易になるでしょう。

企業がいままで自社システムの中だけで管理していた情報をAPIを通じて公開することで、企業間での取引やシステムに大きな変化と効率性、迅速性、低コスト化などをもたらすことができるようになります。

しかしこのAPIエコノミーの基盤となるAPIを公開するためには、社内のレガシーなアプリケーションの内部情報をモダンなRESTful APIに変換し、接続相手を認証し、アクセス状況の管理や負荷に対するキャッシングを実現し、必要に応じて課金するなど、さまざまな仕組みが必要になります。

このようなAPIを公開するためのゲートウェイ機能や管理機能を提供するベンダとしてよく知られているのがApigeeでした。

GoogleはApigeeをGoogle Cloud Platformに組み込むと、次のように説明しています。

The addition of Apigee’s API solutions to Google cloud will accelerate our customers’ move to supporting their businesses with high quality digital interactions. Apigee will make it much easier for the requisite APIs to be implemented and published with excellence.

Google CloudにApigeeのAPIソリューションを追加することで、私たちのお客様のビジネスは高品質のデジタルな相互運用性の実現を加速できるでしょう。Apigeeは優れたAPIの実装と公開に必要なものを容易に提供するのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Cloud Platform


次の記事
オープンソースのエディタ「Visual Studio Code 1.5」リリース。Vimエミュレーションの強化、20万ファイル以上の大規模プロジェクトでもファイル検索高速化など

前の記事
GoogleとBoxが提携、BoxのクラウドストレージからGoogle Appsが利用可能に。BoxWorks 2016


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig