IBM、「Spark as a Service」を発表。Apache Sparkへのコミットで3500人の研究者やエンジニアを投入

2015年6月18日

米IBMはオープンソースの大規模分散処理基盤「Apache Spark」への本格的なコミットメントを数日前に発表し、3500人の研究者やエンジニアを投入すると宣言しました。

同社が合わせて発表したのが、Apache Sparkをクラウド上でサービスとして提供する「Spark as a Service」です。現在はまだサインナップしてもログインできず、最新情報のメールが届くようになっています。

fig

Apache Sparkは、これまでHadoopが切り開いてきた大規模分散処理プラットフォームをさらに技術的に推し進めたものと言えます。

Hadoopは大量のデータをバッチ処理する非常に高い能力を備えていましたが、Apache Sparkではインメモリ処理などによってさらに高速化し、MapReduceよりも高度な処理を実行できるDAG実行エンジンを搭載。

JavaやScala、Python、Rなどでアプリケーションを記述でき、Spark SQL、ストリーミング処理、機械学習などさまざまな応用が可能です。

Apache Sparkはもともと、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)で研究開発されたソフトウェアが発展したもので、現在はそのUDB発の米Databricksが開発の中核を担っています。

米IBMはDatabricksとの提携も発表しており、今後Apache Sparkを企業におけるデータ分析やコマース分野などで活用していこうと計画しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IBM , PaaS , Spark , クラウド



≫次の記事
主要ブラウザで実行可能なバイナリ形式「WebAssembly」の開発がスタート。Chrome、WebKit、Firefox、Microsoft Edge、LLVM、Unityらがサポートを相次いで表明
≪前の記事
リアルタイムなデータ分析をする分散OLAP「Pinot」をLinkedInがオープンソースで公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus