エリソン氏「オラクルは今年、セールスフォース・ドットコムよりも多くのSaaSを売る」。日本のデータセンターを年内設置も明言。Oracle CloudWorld Tokyo 2015

2015年4月10日

日本オラクルはクラウドをテーマにしたイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」を4月9日、10日と都内で開催しています。初日の9日には、来日した米オラクル CTOのラリー・エリソン氏が基調講演に登壇し、SaaSベンダとしてセールスフォース・ドットコムを抜いて1位になると宣言しました。

なぜならば、どのベンダよりも多くのアプリケーションがあるから

fig

「オラクルは世界で2番目に大きなSaaSベンダーであり、まもなく1位になるだろう。今年、われわれははセールスフォース・ドットコムよりも多くのSaaSを売る」。エリソン氏は自信満々に、その理由を続けます。

「なぜならば、われわれはどのベンダよりも多くのアプリケーションがあるからだ。セールスフォース・ドットコムはSFAやCRMなどだが、オラクルはERP、HCM(人材管理)、サプライチェーン、製造業向けなど数多くの種類を提供している」

fig

日本国内に大きなデータセンターを開設しようとしている

またエリソン氏は年内に日本のデータセンターを設置することも明言しました。「今年、大きなデータセンターを日本に開設しようとしている」(エリソン氏)

オラクルはすでにSaaSの一部では国内データセンターを利用していますが、年内にも本格的なデータセンターを設置することが初めて明らかになりました。

国内ではPaaSを積極的に提供することが日本オラクルから発表されているため、JavaやOracleデータベースの機能を提供するPaaS向けのクラウドデータセンターが関東近辺に設置されるものと予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Oracle , SaaS , Salesforce.com


次の記事
新ストレージサービス「Amazon Elastic File System」(Amazon EFS)登場。NFSでマウント、ファイル容量にあわせて自動的にキャパシティが増減しプロビジョニング不要

前の記事
来年後半に登場予定のJava EE 8、オブジェクトのJSONバインドやHTTP/2対応へ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig