OpenStack 12番目のリリースとなる「OpenStack Liberty」が登場。コンテナ管理の「Magnum」がフルリリース。そして次は「Miataka」!

2015年10月19日

OpenStack Foundationは、オープンソースで開発されているクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の新しいリリース「OpenStack Liberty」のリリースを発表しました。

OpenStack Liberty » OpenStack Open Source Cloud Computing Software

OpenStackはリリースごとにアルファベット順のコード名が付けられており、今回のLibertyは12番目のリリースにちなんで「L」から始まるコード名となりました。

Libertyの主な新機能は以下となっています。

管理機能の強化
よりきめ細かなアクセス・コントロール機能とシンプルな管理機能を新たに導入。クラウド事業者からの要望により、共通ライブラリの適用や構成管理の向上なども実現。ロールベースのアクセス管理(RBAC)が、オーケストレーション機能(Heat)やネットワーク機能(Neutron)向けに実現されています。

仮想マシン、コンテナ、ベアメタルの3つをサポート
Libertyでは、コンテナ管理プロジェクトMagnumの初のフルリリース版が導入されました。Magnumは、Kubernetes、Mesos、Docker Swarmをサポート。これでOpenStackは、単一の基盤として仮想マシン、コンテナ、ベアメタルというクラウドにおける3つの主要なインスタンスに対応しました。

スケーラビリティをよりシンプルに
初登場となるNova Cells v2によって、マルチロケーションの大規模なコンピュートの展開がアップデートされるなど、Libertyでは大規模なスケーラビリティのサポートが向上しています。ダッシュボード(Horizon)も、スケーラビリティや性能向上に対応したアップデートが行われています。

OpenStackは6カ月ごとに新リリースが登場することになっています。つまり次のリリースが登場するのは来年4月。そして、そのリリース「OpenStack Mitaka」の新機能などを話し合う会議「OpenStack Desigin Summit」は、今月27日から都内で開催される「OpenStack Summit October 2015 Tokyo」と合わせて開催されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : OpenStack , オープンソース , クラウド



≫次の記事
Hadoopによる分散システムの構築と運用の落とし穴。ClouderaとCiscoのエバンジェリストが語る[PR]
≪前の記事
Red HatがAnsibleを買収した理由、同社クラウドマネジメント戦略担当が説明

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus