MacOS/LinuxでC#やVisual Basicを実行可能にする.NETランタイム「.NET CoreCLR」。早くもGitHubで公開

2015年2月10日

マイクロソフトはWindows、Linux、MacOS Xに対応予定のフレームワーク「.NET Core」のランタイムとなる「.NET CoreCLR」をオープンソースとしてGitHubに公開したことを明らかにしました

.NET CoreCLRの「CLR」とは、Common Language Runtimeの略。つまりC#やVisual Basicなど.NET対応言語の実行エンジンにあたります。

マイクロソフトは昨年11月に、.NETのオープンソース化とLinuxおよびMac OS X対応を表明しています。それが下記の図の「.NET Core 5」と呼ばれるものです。今回公開されたのは、その.NET Core 5のランタイムにあたる「.NET CoreCLR」。下記の図で下部の紫色の部分(の一部)に該当します。

fig

参照:オープンソース化され、MacOS XとLinuxに対応する「.NET Core」とは何か?

.NET CoreCLRにはジャストインタイムコンパイラのRyuJIT、ガベージコレクタの.NET GCなどが含まれています。.NET共通基盤部分(上図のCommon)に含まれているそれ以外のRoslynNuGetなどもすでにオープンソース化されています。

.NET CoreCLRは現在開発中で、現時点ではWindows上でビルドと実行が可能。LinuxとMacOS X対応は数カ月以内に実現すると説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : .NET , Microsoft



≫次の記事
Windows 10は「Windows as a Service」となる/過去365日一度も落ちなかったクラウドサービスは?/Stack Overflowの裏側、など。2015年1月の人気記事
≪前の記事
NTTデータとPostgreSQLが挑んだ総力戦。PostgreSQLを極限まで使い切ったその先に見たものとは?(後編) NTTデータオープンソースDAY2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus