JSONストアサーバ「Kinto」。モバイルデバイスやWebブラウザとデータ同期可能、オフラインファーストにも対応、モジラがオープンソースで公開

2015年12月18日

モジラがオープンソースで公開した「Kinto」は、モバイルアプリケーションやWebアプリケーションのサーバ側としてよく利用されるBaaS(Backend as a Service)用のサーバとして使うことを想定したソフトウェアで、いわゆるNoSQLデータベースの一種といえます。

fig

主な機能はJSONデータの保存と出力、およびJSONデータのクライアントとの同期機能、プラガブルなユーザー認証機能など。

fig

Kintoのクライアントライブラリとして、オフライン状態での実行を想定した、いわゆるオフラインファーストに対応したJavaScriptクライアントが用意されていることが挙げられます。

同期機能はモジラのMozilla Firefox Syncチームが設計したもので、モジラはすでにこのKintoの同期機能を利用してFirefoxやFirefox OSでの設定情報やアセットなどの保存を行っているとのことです。

JavaScript以外にもPythonクライアント、Reactボイラープレートなどが用意されており、サンプルアプリケーションも提供されています。

今後、Push APIに対応したプッシュ通知などに対応する予定とのこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  NoSQL , モバイル


次の記事
Rails 5.0ベータ版が登場。Microservices対応の「API mode」、WebSocket用のフレームワーク「Action Cable」など

前の記事
Webブラウザでワープロや表計算が使えるオープンソースの「LibreOffice Online」、開発者向けディストリビューションが公開。ownCloudもバンドル


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig