日本IBM、他社クラウドもオンプレミスもまとめて24時間運用管理、マネージドサービス「IBM Integrated Managed Infrastructure」発表

2015年11月26日

日本IBMは、顧客のサーバ、ストレージ、ネットワーク機器やIBMのクラウド「SoftLayer」だけでなく他社のパブリッククラウドも含めた、いわゆるハイブリッドクラウド環境を、24時間365日運用管理するマネージドサービス「IBM Integrated Managed Infrastructure」を発表しました

fig 米IBMの「IBM Integrated Managed Infrastructure」を紹介するページ

Integrated Managed Infrastructureは、リモートから24時間の監視・管理を行い、稼働状況の監視や連絡、障害回復の支援やパッチの適用、レポート作成などを提供するサービス。同社のアウトソーシングやマネージドサービスなどの実績や知見をもとに、効率化されたプロセスや自動化ツールなどを活用するとのこと。

利用者は必要なサービスの機能やその対象を柔軟に選択可能。

サービス開始までの期間は標準で3カ月で「監視や管理のシステムを新たに構築する場合と比較して短期に監視や管理を開始できます」(プレスリリースから)。

価格は個別見積もりで、100台のWindowsサーバーをベース管理と監視で5年間契約した場合、1台あたり税別で月額1万6000円から。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IBM , クラウド



≫次の記事
PHP 7正式版は、大きな問題がなければ来週12月3日登場予定。PHP 7RC8が公開
≪前の記事
Facebookが開発したオープンなスイッチ「Wedge」仕様書が公開、ネットワーク機器もオープン化へ。100ギガイーサ対応スイッチの「Wedge 100」も開発表明

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus