最初の「Ember.js 2.0」ベータ版が登場、ReactのようなVirtual DOMを採用した高速レンダリングエンジンGlimmerを搭載。1.x系は1.13で終了へ

2015年6月15日

クライアントサイドのMVCフレームワーク「Ember.js」のメジャーアップ版となる「Ember.js 2.0」の最初のベータ版が登場しました

Ember.js - Ember.js 1.13.0 and 2.0 Beta Released

Ember.js 2.0はメジャーバージョンアップながら、1.x系からの大きな機能追加や変更が行われているわけではなく、1.x系で非推奨となった多くの機能を削除しInternet Explorer 8のサポートも終了、今後の進化に向けてブラッシュアップしたバージョンと言えます。

そのためEmber.js 2.0は1.xの機能のほとんどを引き継ぎ、大きな互換性の問題は発生しない模様です。

2.0への引き継ぎバージョンとなる1.13も同時リリース

Ember.js 2.0と同時に1.x系最後のリリースとなる予定のEmber.js 1.13.0もリリースされました。

1.13では、Ember.jsのレンダリングエンジンとして3度目の大幅な改良が加えられたGlimmerレンダリングエンジンを搭載。ReactのようにVirtual DOMを内部に持ち、書き換えの差分だけを実際のDOMに反映させることでよりより高速なDOMの書き換えを実現しています。GlimeerはEmber.js 2.0でも搭載予定。

1.13は2.0への引き継ぎバージョンでもあり、1.13で非推奨となったAPIを使わずに実装したEmberアプリケーションであれば、Ember.js 2.0で問題なく実行できるはずだとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , MVC



≫次の記事
「ASCIIDWANGO(アスキードワンゴ)」ブランドの第一弾書籍、クヌース氏の名著「The Art of Computer Programming」が6月26日発売へ
≪前の記事
ホワイトボックススイッチとは何か? オープン化がすすむネットワーク機器のハードとソフトの動向(後編)。ホワイトボックススイッチユーザ会 第一回勉強会

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus