ECMAScript 6に対応する文法チェッカーのESLint 0.2がリリース

2015年4月27日

JavaScriptの文法チェッカーで、コマンドラインから利用する以外にもSublime TextやVim、Emacs、TextMateなどのエディタや、Eclipse、IntelliJ IDEA、Android Studioなどさまざまな開発環境へも統合できるESLintが、最新バージョンとなる「ESLint 0.20」をリリースしました

ESLint 0.20.0 released - ESLint - Pluggable JavaScript linter

ESLintの特長はチェックルールをプラグインにしているところで、標準に組み込まれているルールに、独自のルールを組み込むことができます。

ESLint 0.20ではあらかじめ組み込まれているルールが、次期JavaScript仕様となる予定のECMAScript 6にアップデートされています。下記は発表文から引用。

We're still getting a fair number of bug reports related to specific ECMAScript 6 features. The good news is that the bug report rate has slowed dramatically, so we're getting to a much more stable place in terms of ES6 support. Keep those bug reports coming!

我々は、ECMAScript 6機能に関連したバグレポートをまだ少なからず受け付けている。しかし、それが劇的に減少しているのはよい知らせであり、ECMASciprt6サポートについてはかなり安定したところまできつつある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript



≫次の記事
IPAが「IT人材白書2015」を発行。国内のIT系人材は約112万人、IT企業の人手不足が生じる構造の分析など
≪前の記事
AmazonがAWS単体の収益を初めて発表。2015年1月~3月で売上が約1850億円、利益は300億円超

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig