Docker 1.9がリリース。マルチホストネットワーキング、クラスタリングのDocker Swarmなどが本番環境で利用可能に

2015年11月6日

コンテナ型仮想化を実現するDockerの最新版、Docker 1.9がリリースされました。

Announcing Docker 1.9: Production-ready Swarm and Multi-host Networking | Docker Blog

Docker 1.9では、マルチホストネットワーク機能が安定版となり、永続的ストレージ機能が強化され、クラスタリングツールのDocker Swarmが正式版となりました。

マルチホストネットワーク機能

マルチホストネットワーク機能は、Docker Engineの機能として複数のホストにまたがる仮想ネットワークを作成可能です。任意のネットワークトポロジをコンテナに割り当てることができ、仮想ネットワークのおかげで、どのホスト上でコンテナを実行するかを気にせずにコンテナのネットワークを構成できます。

今回のリリースから安定版となるため、本番環境での利用が可能になりました。

永続的なストレージ

Docker Engine 1.9では完全に再設計されたボリュームシステムが搭載されました。

永続的ストレージ機能を用いると、DockerのUnion File Systemをバイパスしたデータボリュームをコンテナから利用可能です。データボリュームは複数のコンテナで共有できます。

Docker 1.9ではプラグインの利用を容易にし、Swarmとの連係でクラスタ全体で永続的ストレージを管理できるようにしています。

Docker Swarm 1.0

Dockerコンテナで構成したクラスタのスケールアウト、スケールインを実現するDocker Swarmが「Docker Swarm 1.0」に到達。マルチホストネットワーキング機能とも連係するため、クラスタのネットワークはSwarmによって自動的に管理されることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker



≫次の記事
RESTful APIの記述標準化を目指す「Open API Initiative」をマイクロソフト、Google、IBMらが立ち上げ。Swaggerをベースに
≪前の記事
NutanixとLenovo、ハイパーコンバージドインフラで提携。LenovoサーバにNutanixのソフトウェアを搭載

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus