Chrome、バックグラウンドでデータを送受信する「Background Sync」APIが登場。ブラウザを閉じていてもデータ同期

2015年12月21日

ブラウザを閉じているときでもバックグラウンドでサーバとデータを送受信する機能が「Background Sync」です。

Introducing Background Sync | Web Updates - Google Developers

GoogleはこのBackground SyncをChromeの新しいAPIとして実装したと、開発者向けのサイト「Google Developers」の記事「Introducing Background Sync」で明らかにしました。

Background Syncは、バックグラウンドでスクリプトを実行するService Workerを用いています。

このドキュメントでGoogleは、Background Syncを用いた2つのデモを紹介しています。 1つはチャットアプリ。左のAndroidデバイスと右のMacのChrome同士でチャットを行います。

Androidを機内モードにしてオフラインの状態でAndroidのChromeからチャットを入力。そのままWebブラウザを閉じて、機内モードを解除。通信可能になるとバックグラウンドでチャットの内容を送信。右側のMacのChromeに内容が表示されます。


また、Androidデバイス上での活用例として、通信が遅くて時間がかかるWebページでは、いったんWebブラウザを閉じてもバックグラウンドでWebページのデータを受信し続け、全データを受信した時点で通知を表示。Chromeでさっきのページを開くと受信済みのデータを用いてすぐに表示される、という動作をデモしています。

Background Syncにより、ブラウザを開いたらデータの送受信を待つことなく、すぐに最新の状態が表示されたり、遅い通信をイライラしながら待たずに済むといった利点を備えた実装が可能になります。

Background syncはまだ正式版のChromeには搭載されておらず、Chrome Dev for AndroidもしくはChrome Canary for desktopを用いて、フラグ「chrome://flags/#enable-experimental-web-platform-features」を有効にして再起動する必要があるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Chrome , Google , HTML5 , Webブラウザ



≫次の記事
マテリアルデザインに対応したAngularJS用UIフレームワーク「Angular Material 1.0」正式リリース
≪前の記事
Rails 5.0ベータ版が登場。Microservices対応の「API mode」、WebSocket用のフレームワーク「Action Cable」など

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus